本日の○○(仮)

いろんなモノを書いたり『薔薇族』作ったり、幅だけはやたら広くやってるおっさんの身辺雑記です。オレに関心ない方にはあまりお勧めできないかもね(笑)。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

名刺到着と「ウホッ!」なニュース

2月15日(木)

 七時起床。十時すぎ、宅配便で新名刺が届く。おとついの夜にデータを送ったばかりなのに、ホントにここは早いなぁ……。十一時、伊藤文学氏に電話。今日の訪問可能時間を確認すると、「四時すぎがいい」ということなので、「ではその時分に伺います」と。『必殺渡し人』の再放送を観てから、零時半、外出。陽気がいいので、新宿中央公園やら、初台笹塚間の遊歩道やらキモチのイイ場所ばかりを選びながらプラプラと歩く。二時、下北沢着。ちょっと買物してから半に駅前でakaboshiくんと落ち合う。ファーストキッチンで今日の打合せなど。記念すべき新名刺の一枚目を進呈する。
 すでにガレキの山となってしまった旧・第二書房社屋を見てから文学氏の新居マンションへ。ご夫婦二人きりならばまぁさほどの不自由はないであろう広さであるが、しかし以前を知る者としてはやはり「窮屈」という印象は拭えない。蔵書の大半は新潟などに送ってしまったそうだが、『薔薇族』のバックナンバーのみは特製の棚をしつらえて自宅内に保管してある。壁一面を埋め尽くした三百数十冊分の背表紙を見ていると、今さらながら氏のやってきた仕事の大きさというものを痛感させられるなぁ。自力復刊第一号のための資料を選出したあと、世間話など。明後日には昨年十一月の予定が延びに延びていた漫画家・倉田真由美との『BUBKA』対談(これはこちらのせいではなく、くらたまの税金ガラミのゴタゴタのせい)がやっと為されるという。それによって、ちょっとは注目が集まればいいのだが。そしてまた、世の中の一部のマニアが「ウホッ!」と狂喜しそうなビッグニュースももたらされ、「これはひょっとすると、これまで思っていた以上に面白い一冊が出来上がるかもしれん」と内心思う。
 五時半近くに辞去。小田急線で新宿まで。高田馬場へ向かうというakaboshiくんと構内で別れ、徒歩にて六時ごろに帰宅。途中、丸正で買った弁当で食事後、入浴。九時ごろまで原稿書きなどしてから、十一時すぎ就寝。今度の『薔薇族』、オレが言うのもなんだが非常に面白くなるかもしれん。
スポンサーサイト
  1. 2007/02/19(月) 20:04:35|
  2. 日記|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
<<絶妙キャスティングとちあきなおみ | ホーム | トリビアと真の危惧すべきもの>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://karuto.blog8.fc2.com/tb.php/686-ae8061d1
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。