本日の○○(仮)

いろんなモノを書いたり『薔薇族』作ったり、幅だけはやたら広くやってるおっさんの身辺雑記です。オレに関心ない方にはあまりお勧めできないかもね(笑)。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

絶妙キャスティングとちあきなおみ

2月16日(金)

 七時起床。雑用のあと、十時、歯医者へ。終えて郵便局とスーパーをまわって十一時半ごろ帰宅。パソコン起ち上げると、昨夜『薔薇族』への協力をお願いしたソルボンヌK子先生から早々に快諾のメールが。先生、いつもありがとうございます! 今日はコート・コーポレーションのPR誌『CHECK』原稿の仕上げを。レイアウトしながら文字数を調整し、三時ごろ仕上げて宅ふぁいるにて送信。終えたら気が抜けたのかたまらなく眠くなり、一時間ほど昼寝。起きて夕食、入浴。その後は資料の読み込みなど。
 九時からの『金スマ』はジャガー横田夫妻の特集だったが、再現ドラマに登場する夫・木下医師役の俳優が本人にそっくりで大笑い。このキャスティングは、『踊る!さんま御殿』の再現ドラマの配役に匹敵する絶妙さである。『たけしの誰でもピカソ』は先週の研ナオコに続いて、もはや伝説の域に到達しつつあるちあきなおみの特集。平成四年に夫であった宍戸錠の弟・郷エイ(ワープロでは出ない漢字なのでとりあえずカタカナで)治(『仮面ライダーV3』のキバ男爵でもあった)をガンで失って以降、一切の芸能活動を停止して喪に服している彼女は、その最大のヒット曲『喝采』のヒロインとは真逆の人生を送っている(あちらは、かつて愛した人が亡くなった後も「いつものように恋の唄をうたいつづける」のだ)。あれほどの才能が死蔵されてしまっているのは勿体ないとは思うが、しかしそれはファンの勝手な思い込みであり、それを生かすも殺すも結局は持ち主である彼女自身が決めることなのだ。十一時就寝。ちあきなおみは好きだったなぁオレ。
スポンサーサイト
  1. 2007/02/19(月) 20:05:17|
  2. 日記|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:1
<<落涙と南夕子 | ホーム | 名刺到着と「ウホッ!」なニュース>>

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  1. 2007/02/19(月) 22:43:21 |
  2. |
  3. #
  4. [ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://karuto.blog8.fc2.com/tb.php/687-fb4e4540
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。