本日の○○(仮)

いろんなモノを書いたり『薔薇族』作ったり、幅だけはやたら広くやってるおっさんの身辺雑記です。オレに関心ない方にはあまりお勧めできないかもね(笑)。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

ゲキレンジャーと二十一世紀の勝新太郎

2月18日(日)

 七時起床。外は強めの雨。半からは新番組『獣拳戦隊ゲキレンジャー』を観る。今日のスタートに合わせて先日、お披露目会が開催されたという。
【31代目ヒーロー、ゲキレンジャーは野生児! ………………スーパー戦隊シリーズ31代目『獣拳戦隊ゲキレンジャー』のプレミア試写会が2月11日、12日に東京ドームプリズムホールで開催された。集まったファンは総勢1万人。先週で最終回を迎えた『轟轟戦隊 ボウケンジャー』に引き継いで、ゲキレンジャーは来週から放送がスタート(毎週日曜日/朝7:30?/テレビ朝日系)。ゲキレッド、ゲキブルー、ゲキイエローの『正義の獣拳』と、悪の首領・理央様と、その理央様を愛するメレが持つ『邪悪の獣拳』の相対する流派の戦いを描く。今回の主役・ゲキレッドは精神年齢が4、5才で、野生動物に育てられた少年。そんな天真爛漫なゲキレッド・漢堂ジャン役を演じるのはD-BOYSの鈴木裕樹(ワタナベエンターテインメント所属)。小さいころから大好きで、俳優をめざしたきっかけでもあったというヒーローになれた感想を「夢を叶えるためのスタート」と話す。今回は、対戦相手でもあり、同じD-BOYSの仲間でもある、悪役・理央を演じる荒木宏文とは「私生活でも仲良しなので、観てくれる子供たちのために1年間は絶交します!」と意気込みを語った。】
 今度の戦隊はハリケンジャー以来の三人体制なのだが、それぞれナベプロ、ホリプロ、スターダストと、見事に三大々手事務所タレントだけで固められている。昨今の芸能界がいかにヒーロー物を「スタアへの登竜門」と認識し、重視しているかの証明であろう。それにしても「D-BOYS」からはホントにどんどんヒーローが輩出されているなぁ。そして声優キャストのほうだが、なんと敵方の一人として、アノ幸田直子さんが出演している! 幸田さんというのは八十年代前半、『黄金戦士ゴールドライタン』のマンナッカーや、『逆転イッパツマン』の星ハルカなどを演じて一部に熱狂的ファンを生んだ人なのだ。といっても現在ではアニメ系仕事からは遠ざかり、もっぱら『3年B組金八先生』のデイケアセンターのおばさん(パート6で斉藤祥太にバッグをひったくられた人)役などでしかオレは観ていなかった。だから久々に「カッチョイイ系の幸田さん」に触れられて幸せである。オレら世代のオタクにとって「コウダ」といえば「来未」ではなく「直子」なのだ!
 冷たい雨、なかなか止まず。そんな中をご苦労なことに「東京マラソン」が行なわれている。交通封鎖で不自由を強いられている地域の住人や、オレのようにスポーツというものに一ミクロンたりとも価値を見い出さない人間にとっては「ザマァカンカン」である(笑)。
 雨が上がったら歩いていこうかと思っていたのだが、降り続くのでJRにて正午すぎ、中野へ。ダイソーなどで買物してから一時すぎ、「なかのZERO」会議室。今日は石坂わたるくんと在N.Y.のジャーナリスト北丸雄二氏らのトーク会があるのだ。そこでも数名の方々に新名刺を配る。会は四時半すぎに終わり、そのあとは駅前の居酒屋で食事会。外は、会の途中から晴れてきていた。五時から八時までワイワイと盛り上がったあと、精算時、このあと別件の用があるからと途中でお帰りになった北丸氏らがレジでその時点までの全勘定を済ませてくださったことがわかって恐縮す。さすがに申し訳ないので、次回にいくらかお返ししよう、ととりあえず一人アタマ千円ずつ出すことにするが、それでも激安である。その太っ腹ぶりを表して「これからは北丸さんのことは二十一世紀の勝新太郎、と呼ぼう」とかスットボケタことをホザいたのはもちろんワタクシです(笑)。
 JR経由で八時半ごろ帰宅。入浴して読書など。十時すぎ、櫻田宗久くんから電話。こちらの頼みごとに対する回答であったが、櫻田くんからもひとつ頼まれごとをされる。たいしたことではないので快諾。『薔薇族』自力復刊へ無償協力していることを話すと、「狩都さん、ノーギャラの仕事ばっかやってんじゃん」と笑われる。まぁねぇ、生活破綻寸前のくせして自分でもバカだなぁとは思うが、しかし小利口・小賢しい連中というのが大嫌いな性分なもんで、そういう連中と同類になってしまうよりははるかにマシではあろうさ。十一時半就寝。マラソンやジョギングは体に悪いですぞ。オレのようにウォーキングにしときなさい。
スポンサーサイト
  1. 2007/02/19(月) 20:06:43|
  2. 日記|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
<<勝者と敗者 | ホーム | 落涙と南夕子>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://karuto.blog8.fc2.com/tb.php/689-023c5897
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。