本日の○○(仮)

いろんなモノを書いたり『薔薇族』作ったり、幅だけはやたら広くやってるおっさんの身辺雑記です。オレに関心ない方にはあまりお勧めできないかもね(笑)。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

レオ様と一勝一敗

6月20日 (月)

 いつもの時間に起床。朝ワイドの芸能コーナーで“レオ様、女性に殴られる”との見出しがあって、「えっ、森本レオに何があったんだ!?」と思ったら、“レオ様”違いでレオナルド・ディカプリオ(老舗映画雑誌『スクリーン』ではかたくなに“レナード・ディカプリオ”と表記しているが)のことであった。以下は、そのあらまし。
【ディカプリオ“ビール瓶”で顔を殴られ負傷 …………米人気俳優レオナルド・ディカプリオ(30)が女性に殴られて負傷したことが分かった。米大衆誌ピープル(電子版)が伝えた。同誌によると、“事件”が起きたのは17日午前4時ごろ(現地時間)。ホテルチェーン創業者一族の令嬢で女優兼モデルのパリス・ヒルトンの“元カレ”のハリウッドにある家で開催されたパーティーでの席上。女性にビール瓶のようなもので“商売道具”の顔を殴られた。救急車は呼ばなかったものの、友人らが病院に運び、耳の近くを10数針縫うケガを負った。ディカプリオは現在、アカデミー賞にノミネートされた映画「アビエイター」でもコンビを組んだマーティン・スコセッシ監督の新作をボストンとニューヨークを舞台に撮影中。その休日にセレブなパーティーに参加して災難に遭ってしまった。ただ、幸いにも撮影に影響は出ない見通しだという。ディカプリオの広報担当者がピープル誌に伝えた文書によると、女性はこのパーティーに不法侵入していたため、何度も退去を求められていた。パーティーに潜り込んだ目的は元カレ捜しで、この元カレにも暴力を振るったことがあるようだとの情報も流れている。女性はディカプリオを殴った後、周りにいた参加者に取り押さえられた。AP電によると、地元警察は「(ディカプリオ側からの)被害届は出ていない」としている。】
 そんなサンザンな目に遭わされながら警察に突き出さないとは何か深い事情があるのではないか? と誰もが疑うであろう事件だが、それよりもディカプリオがいまだに“レオ様”などと呼ばれていたことのほうがオレ的には驚いた。最近はもっぱら“様”といえば“ヨン様”という感じで、彼が“レオ様”と呼ばれていた事実そのものを忘れていたのだ。『太陽と月に背いて』でランボーを演じていたような頃は確かに“様”をつけるのも納得の貴公子ぶりだったが、最近は単なる小太りのトッチャン坊やだからなぁ。しかしオレのほうにもひとつ大きな誤認があった。ディカプリオにはかつて“レオ様”と呼ばれていた時期があったが、森本レオが“レオ様”などと呼ばれていた事実はまったくない。頭が覚醒しきっていないうちに情報なんか得るものではないなぁ。
 朝から夕方まで出仕事。帰り道、新宿で下車して土曜日の雪辱戦。南口のユニクロへ二十九インチの白パンツを探しにいくがやはりそのサイズだけナシ。頭にきたので帰ろうかとも思ったが、試しにもう一軒だけ、と伊勢丹はす向かいの新宿三丁目店へ行く。と、一本だけあった! ほんとうは白を二本買いたかったのだが、妥協してもう一本を黒にする。一本だと二千九百八十円するものが、二本買うとセールで四千九百八十円。裾上げにちょっと時間がかかるので、二丁目をちらりと覗く。ルミエールでは各誌を立ち読みする客(といっていいのかな。客は金を支払った時点で客となるのだから)たちをしばし観察。エロビ一本購入。
 裾上げの済んだものを受け取り、徒歩で帰路につく。途中、歌舞伎町のジーンズメイトでワゴンセールの白シャツを一枚購入。ベルトも欲しかったのだが、品のない(あくまでも「オレから見れば」であるからね、念の為。テメエのみみっちい主観を絶対的なものと勘違いするほど愚かではありません)ものばかりで食指が動かず。隣の店でなかなか良さげな靴が店頭セールに出ていたが、サイズが合わなくて残念!
 七時十五分帰宅。夕食と入浴を済ませてパソコンを起ち上げると、丸山点心氏から土曜日のストリップがらみの連絡メールが。そういえば、おとといの日記に書き忘れたが、会場で旧知のヘンタイくんと久々に再会した。彼はビデオメーカー『チークス』の社長と親しい人なんで、「まだあちらとは付き合いとかあるの?」と訊くと「うん、仲いいですよ」とのことなんで、「『薔薇族』のほうにも広告出すように頼んどいてよ。タイアップ記事とかもオレが書くから」とドサクサまぎれに頼んでおく。コネは無駄なく使わねば。彼は『薔薇族』を読んでいないらしく「えっ、広告出してないんですか」と驚いていたが。サテ、果たして営業は成功するか?
 調べ物や連絡メールなど、雑用をこなしているうちに零時すぎ。明日も早いので就寝。欲しいサイズのものは買えたが、半分妥協したから一勝一敗の引き分けだったなぁオレ。
スポンサーサイト
  1. 2005/06/21(火) 19:51:05|
  2. 日記|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
<<したたかさと譲れないこと | ホーム | 怖い女とイケメン運転士>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://karuto.blog8.fc2.com/tb.php/69-78fa6be2
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。