本日の○○(仮)

いろんなモノを書いたり『薔薇族』作ったり、幅だけはやたら広くやってるおっさんの身辺雑記です。オレに関心ない方にはあまりお勧めできないかもね(笑)。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

スイカとリーボック

6月22日(水)

 七時起床。朝から強めの雨なり。朝風呂&朝食を済ませたあと、身支度をはじめる。本日は櫻田宗久くんの撮影の立ち合いである。荷物を整えたあと、斎藤氏に特集についてのおおまかな意見をメールして、一〇時外出。二十分で渋谷駅着。櫻田くん、編集S-1氏、本日のモデルくんと合流し、構内のコーヒーショップでクルマ待ち。道玄坂で拾ってもらって、撮影スタジオのある三軒茶屋へ。今日使うのは、スタジオ、といっても半世紀以上は経ているであろうと思われる古い木造家屋。一軒家をまるまる撮影用に借り受けるのだ。アダルト系のみならず、一般誌やテレビなども頻繁に使っているだけあって、なるほどかなり趣がある。環七からちょっと入っただけの場所(面していると言ってもいいくらい)なんで絶えず自動車の走行音が聞こえてくるのであるが、写真になったものを見ると人里はなれた避暑地のようであり、田舎の親類宅のようでもある。詳細は、いずれ商業文にまとめて発表しようと思っているんでこちらでは書かないが(読みたい人はメディアソフトまでリクエストしてください)、ちゃんと生活臭のする家だったことにまず驚いた、とだけ言っておこう。
 とある知人から、「お前があまり撮影内容に口出しすべきではない。モデルを含めた現場を仕切るのもカメラマンの創作活動の一部なんだから、一歩退いて“傍観者”として冷静に状況を観察せよ」と言われたんで(確かに初回は介入しすぎた、と反省)、オレは終始無言で、必要最低限なことしか喋らずに、櫻田くんの仕事ぶりを見つめていた(彼はやりにくそうだったけどね)。“日常”から架空の“物語世界”を切り取るのが櫻田くんの仕事で、その“物語世界”をも含んだ“現実”を記していくのがオレの役目である、と考えているのだ。オレが櫻田くんの撮影に同行するのは、べつにモデルのチンチンを見たいがためではない(見たくないと言えば嘘だけどね)。彼がどのように“プロの写真家”へと成長するのか、どういった風に“化ける”のか、それをつぶさに見続けていたいのだ。彼をスカウトしたのは、そういう期待(彼は絶対に“伸びる!”という確信)があったからである。そんなわけで、オレは彼が『薔薇族』で撮り続ける限り、うっとおしがられても、迷惑だと言われても、嫌われても(他人に嫌われるのがイヤだ、なんてほざくバカはモノカキなんかとっととやめろ! と思うね。それはマワシ姿になるのを嫌がる相撲取りみたいなモンだ)現場に居続けるつもりなのだ。近日中に、また新しい趣向の撮影も始まるが、そちらにも死んでも行きたいと思う。S-1氏、オレに隠れて撮ったりなんかしたら七代祟りますゾ!
 と、堅めの話ばかりなのも愛想がないので、ちょっとモデルくんについて触れよう。気にしている人も多いと思うんで。系統的には“市原隼人”タイプ。金髪に細眉にサンダル(ピンクのキティちゃん!)履き、というコンビニ前にたむろしているような感じの子で、「サテ櫻田くん、この素材をいかように料理するのかな」と見ていたのだが、まずは積極的に話しかけて打ち解け、スプレーで髪を染めたり、眉を書き足したりしながら、絵になる状態にまでしっかり作り込んでいった。三回目にして、なかなかの技量である。「話をする」というのは大切なことで、オレは過去、撮る前に最高でこれに四時間かけたことがある。この部分をするか否かでは表情が驚くほど違ってくるのだ。そして、この子は脱がすと驚愕するほど光る! 私服での着衣時はどこにでもいそうなアンチャンなのだが、かなりバランスのいい“美ボディ”で、きっとカメラ映えもすることだろう。九月号は期待していい! と思う。「立ち読み」はダメよ、「買う」のだぞ。
 四時すぎ、撤収。降り続いていた雨が撮影を終わる頃にやみ、陽までさしてきやがった。櫻田くん、荷物をクルマに積み込むちょっとの間に、追加撮影をしている。ネバるなぁ。車中、撮影も終わったのでもはや傍観者に徹していることもあるまい、とモデルくんと少し会話を交わす。イマドキの軽男ではあるけれど、一流志向の強いところはなかなかアッパレなり。なれるか否かは運によるところも大きいが、なろうと思わない限り道はハナから開かれない。頑張れ!
 246を通って渋谷でS-1氏、明治通りを経由して新宿でオレ、櫻田くん、モデルくんを落としてもらう。駅前で二人と別れ、三丁目交差点近辺で買物三昧。無印良品で白いシャツ三枚、ユニクロで白と黒のタンクトップを計六枚、ABCマートで“リーボック”のウォーキングシューズを白黒それぞれ一足づつ。普段、食料品と本以外のものはほとんど買わない人間なんだが、ギアがいったん“買っちゃう”モードに入ると歯止めが効かなくなるのだ。ABCは夏のセールスだとかでかなり安かったが、それにしてもかなりの散財である。すべて仕事用の衣裳ではあるが、映像の仕事をしているわけではないので経費としては申告できないのが悲しいなぁ。大荷物になったので、買物はそれで切り上げて徒歩で帰宅。六時すぎに着。夕食、入浴を済ませ、雑用をこなしながら郵便配達員を待つ。送られてきていた『バディ』の掲載誌をなぜか郵便屋が持ち帰り、不在票を入れくさっておったのである。アホかっ、と思う。単なる冊子小包なんだから、郵便受けに入れておけばいいのである。でなけりゃ宅配ボックスに入れろ! なんのための設備だと思っているのか!? 「“小包”と書いてあるから直接手渡さなければならない」とか杓子定規に思っているのだろうか。こういう「使えないヤツ」が一掃されるというのならば郵政民営化とやらも認めてやってもよい、とマジで思うね。
 普通にポストに入れときゃ済むものを大仰に手間ひまかけて受け取ったあと、あれこれ雑用に追われる。『愛のエプロン』、本日は男チームVS女チームのスペシャル版。男の中に金子貴俊とKABA.ちゃんを混ぜるのは、なんか反則な気がするのだが。料理自慢の金子を、「いやー、旨いねぇ。やっぱりゲイなの?」と出演者たちがイジるイジる。「料理好きな男=ゲイ」という、ステレオタイプとも言えないようなアホな発想も発想だが、「女が好きでございます」を連発する金子も見飽きたなぁ。ここらでもちっと何か新しい展開を示したらどうかね、タレントなんだから。
 雑用、一〇時頃にようやく終わるが、時間がハンパになってしまったんで仕事はせずに読書。『ポパイの時代』の続き。松山猛氏の仕事のスタイルに、「そーそー、まったく同感!」と大きく共感する。零時すぎ、就寝。撮影の小道具の余り物で、今年はじめてのスイカを味わえて(“三軒茶屋”で“スイカ”なんて、どっかのドラマのようではないか)ツイてたなぁオレ。
スポンサーサイト
  1. 2005/06/23(木) 22:50:47|
  2. 日記|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
<<インタビューと七夕 | ホーム | したたかさと譲れないこと>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://karuto.blog8.fc2.com/tb.php/71-c930a90d
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。