本日の○○(仮)

いろんなモノを書いたり『薔薇族』作ったり、幅だけはやたら広くやってるおっさんの身辺雑記です。オレに関心ない方にはあまりお勧めできないかもね(笑)。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

芸能界引退と国政進出

3月11日(日)

 七時起床。雑用のあと、原稿書き。「サンデージャポン」では、飯島愛がついに引退を正式に口にした。
【飯島愛、生番組内で今月末引退を明言「体調崩してキツイ」………………引退騒動の渦中にいるタレント、飯島愛(34)が11日、レギュラー番組のTBS系「サンデージャポン」に生出演し、引退を明言した。先週の生放送で「来週とかには、ちゃんと報告します」とコメントしていた飯島は、司会の爆笑問題から発言をうながされ、「タレントのお仕事は辞めます。3月末で調整させていただいてます」と、今月いっぱいでの引退を初めて正式に明かした。理由については「昨年末、体調を崩していろいろ考えました。わが身で仕事をするのはキツイな…」と語り、腎機能の低下による膀胱炎、腎盂炎の悪化を強調。一部でニューヨークへ移り住むと報じられたことには、「日本にいます。渋谷区とか、港区とかにいますよ」と否定した。出演番組の調整がつき次第、週明けにも引退が正式発表されそうだ。】
 考えてみればAVバブルの頃、黒木香だとか豊丸だとか、タレント活動にも進出したAVギャルというのが幾人かいたけれど、いまでもしぶとく生き残っている人間といえば、もはや飯島愛しかいないんじゃないか? バラエティに出はじめの頃は「Tバックの愛ちゃん」として、どこの現場でも必ず尻の食い込みの披露を要求され、そのつどホイホイと気楽に応じていたが、あの潔さはホントに見事だったな。世の中は小賢しい人間というのをもっとも嫌う、ということを心得ていたからこそできた「バカねーちゃん」ぶりっこだったのであろう。彼女がずっと芸能界の第一線に居続けられたのは、つねに自分にとって得になる(将来につながっていく)ポジションというものを見極め続けて来たからに他ならない。自然体に、奔放にふるまっているように見えて、じつは緻密な計算と気配りを絶えずやり続けて来たのである。とはいえ、それはホントに疲れる作業であるから、いつまでももつものではない。今回の引退も、やはり綿密な計算によって導き出されたベストタイミングな「勇退」なのだと思う。これ以上、無理して居残り続けてもただ晩節を汚すことにしかならない、という判断にもとづく……。
 朝方はかなり強い雨が降っていたが、昼前には上がり、その後は急速に回復。気圧が急ピッチで変動したせいかやたら眠くなり、一時半をすぎたあたりから一時間ほどオチてしまう。起きて夕飯。済ませて、五時前に外出。ちょっと買い物などしてから新宿二丁目へ。途中、新宿公園のトイレで用を足して出てきたら、偶然にもトイレを使いにきたakaboshiくんとばったり。彼は今日これから行くイベント「尾辻かな子 国会めざしてキックオフ!」に報道陣まじってビデオカメラをまわすのだ。まだ開場にはなっていないというので、ではまた後で、と別れてちょっと時間をつぶす。サテぼちぼち、と会場であるバー『九州男(くすお)』へ向かうと、ちょうどやってきた櫻田宗久くんとばったり。
 ビル内に入るともうすでにかなりの人数が並んでいた。客は後から後からやってきて、最終的には百八十人を超えたとか。尾辻さんは今、ゲイ・レズビアン界の寵児であるからソコソコ入るだろうなぁ、とは予想していたのだが、実際の入りはそれをはるかに上回っていた。政治系イベントにこれほどの関心が集まるとは、ちょっと意外であった。音楽イベント(元「東京少年」の笹野みちるさんも出演)というテイだからなのか、はたまた「コッカイギーン」という響きがイイからなのか、そのあたりの心理はまぁ各人色々あろうが、この熱気が持続・拡大していければ、はれて日本初の「同性愛者であることを公言している国会議員」誕生と相なるのだが……。スピーチコーナーでは、石坂わたるくんや上川あやさんら、区議会戦組の候補者たちも登場して意気込みを語っていたが、こちらにも皆ぜひ一票を投じてくれればいいと思う。地方行政と国政、双方から、ずっと多数派たちが取りこぼしてきた問題(たんにホモレズの事柄だけでなく)にスポットライトをあてていかなければいけない時期にボチボチきているのである。
 ライブは八時前に終了。オレは運良く最前列の椅子席に陣取れたのだが、後から来た人たちはスシ詰めの酸欠状態でかなり気の毒であった。出口が混み合っているので、顔なじみの朝日新聞の記者さんと『薔薇族』についてしばし話したりして時間をつぶす。先週、石坂わたるくんの会で同席はしたがご挨拶できなかった『週刊SPA!』の記者さんともぶじ名刺交換できた。『薔薇族』の自力復刊にも関心をもってくださったようなので、ぜひよろしくお願いします、とお願いしておく。
 尾辻さんを撮り続けるakaboshiくんの仕事っぷりをしばし眺めたあと、彼らにくっついて、二丁目・仲通りに本日オープンしたばかりだという尾辻事務所にお邪魔する。様々な人たちが集まってきており、皆の関心の高さを改めて感じた。ゲイはお祭り好きな人種だとよく言われるが、それはつまり「熱しやすく冷めやすい」気質だということである。今夜の勢いが尻すぼみすることなく、永続させられればいいのだが……と祈りにも似た気持ちを持ってしまった。
 十時すぎまで色んな人たちと話したあと、帰途に。十時半すぎに帰宅。入浴して零時すぎに就寝。機は熟した。いまこそ新たな一歩を踏み出すときなり、と思うぞオレ。
スポンサーサイト
  1. 2007/03/12(月) 20:14:37|
  2. 日記|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
<<ストーカーとスピリチュアル | ホーム | ネット中毒と誕生会>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://karuto.blog8.fc2.com/tb.php/710-987fcda0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。