本日の○○(仮)

いろんなモノを書いたり『薔薇族』作ったり、幅だけはやたら広くやってるおっさんの身辺雑記です。オレに関心ない方にはあまりお勧めできないかもね(笑)。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

御本尊と声優は黒子

3月18日(日)

 七時起床。雑用のあと、今日も一日原稿書き。締め切りの迫っている『桃色en-count』用コラムにかかる。TBS「サンデージャポン」では、正式に引退表明をした飯島愛がサバサバした顔で出演していた。芸能仕事から身を退くのはわかったが、では次は何をするのか? という世間の関心に応える、こんな推察記事がネットに。
【IT進出でテレビから完全に消える飯島愛………………「本当は引退する気がないのではないか」とみられていた飯島愛が完全にテレビから消えることになった。それでも「いずれ復帰する」という声も出ているが、その可能性は限りなく低いというしかない。飯島は11日放送の「サンデー・ジャポン」(TBS)でこう語った。「3月でタレントはやめます。(仕事は)3月の末で調整していただいています。去年、体調を崩してその時にいろいろ考えました。みなさん、ありがとうございました」ここまで思い切りよく“引退宣言”した裏にはそれなりの事情もあったようだ。引退が報じられた前後に飯島周辺でゴタゴタが取り沙汰された。「当初、飯島は持病の腎盂炎が悪化して、従来のペースで仕事をこなすのがきついのを理由に“休業”する方向で考えていたようです。しかし、そのことを事務所にきちんと話していなかったことで“勝手な動き”と思われてしまった。そのために飯島のマネジャーが事務所を辞める騒ぎにまで発展した。これは飯島にとって誤算です。トラブルになって仕事をやめるわけで、体調が回復して仕事を再開するにしてもハードルが高くなってしまった」(事情通)さらに、発売中の「週刊現代」が飯島の具体的な動きとして、奥菜恵の前夫で、IT企業「サイバーエージェント」の藤田晋社長との関係を報じている。飯島はITビジネスに熱心で、藤田社長が進めているブログ関連企業の広告塔になるといわれているのだ。「具体的な動きがあるのはまずかった。引退後はブログなどでの露出はOKでもテレビ出演するのは“ご法度”。4月から飯島を画面で見ることはない」(放送関係者)AV嬢からタレントに転身し、自伝本でガッポリ稼いだ“Tバックの女王”の見納めが近づいている。この騒動でAV時代の裏モノがネットオークションで高値で取引されているそうだ。】
 彼女は、身の処し方について天才的な閃きをもつ人であるから(フツーならば、たんなるAV嬢で終わっていた)、たぶん二手三手先まで見越した動きをしているんであろうな。大手企業の広告塔ならば、なるほどタレントほど身を削ることもなしにソコソコの見入りは期待できる。とはいえ、提携先の動向にソノマンマ左右されるわけだから、その場合の対応策も講じておく必要もあるわけだが。おごれるITはひさしからず、というのが昨今の教訓であるから、な。
 夕方、わたるくんの会を通じて顔見知りとなった朝日新聞のN記者から電話あり。三十分ほど、仕事半分プライベート半分の話を。彼女も次の土曜の伊藤文学氏の会には来てくれそうである。電話では、政治についても色々と意見を述べさせてもらったが、都知事選にはまた新たなメンツが加わった。
【ドクター・中松氏、都知事選に出馬へ………………発明家のドクター・中松氏(78)が18日、22日告示の東京都知事選に無所属で立候補する考えを明らかにした。近く正式に表明する。中松氏は「石原都政に対し、都民から『ごくろうさま』という声が上がっている。ほかに出馬を予定している人たちも落第点ばかりで、立候補を決意した」と説明。「東京を、世界中からあこがれられる都市にしたい」と述べた。中松氏は東大工学部卒。05年には、ユーモアがあり科学への関心を高めた研究に贈られる「イグ・ノーベル賞」栄養学賞を受賞した。都知事選には91、99、03年と過去3回出馬していずれも落選。前回の得票は10万9091票だった。】
 黒川紀章氏からはドクター中松とおんなじ匂いがプンプンする、とアチコチで口にしてきたオレだが、なんとその御本尊が今回も立つことになったわけだ。本命・大穴・泡沫あわせて票がどのくらいバラけるものか、下手なギャンブルなんかよりもよっぽど面白くなってきた。
 九時くらいにはベッドについて、日曜洋画劇場『ヴァン・ヘルシング』を。ゴシックホラーの王道をジャパニーズオタク風味の大胆アレンジを加えた怪作(原作・菊池秀行……と言われても納得しそうな)だが、「やたら金のかかったパロディ同人誌」を読むような感覚で観ればそこそこ楽しめる。だが、主役の吹替えが山寺宏一なんで、主人公ヴァン・ヘルシングにどうしても“おはスタのヤマちゃん”の姿がだぶってしまい、ちょっと困った。声優はあくまで黒子、裏方に徹するべき、というかつての業界の不文律の意味を、あらためて痛感してしまったかも(笑)。
 零時就寝。来週は色々あって忙しいなぁオレ。
スポンサーサイト
  1. 2007/03/20(火) 20:20:36|
  2. 日記|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
<<遅ればせながらの訃報とサクサク仕事 | ホーム | サンプラザと四半世紀前のオレ>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://karuto.blog8.fc2.com/tb.php/717-4f77c8a0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。