本日の○○(仮)

いろんなモノを書いたり『薔薇族』作ったり、幅だけはやたら広くやってるおっさんの身辺雑記です。オレに関心ない方にはあまりお勧めできないかもね(笑)。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

遅ればせながらの訃報とサクサク仕事

3月19日(月)

 七時起床。唐沢俊一氏の日記で、声優・ナレーターとして活躍された小林恭治氏の訃報を遅ればせながら知る。家弓家正、田中信夫なんかと並ぶ、“インテリ声”の持ち主であった(だから、どんな下卑た役をやっても不快な下品さにはならない)。もう十日以上も前に亡くなられているのだが、声優さんの場合、富山敬・山田康夫クラスでないと芸能ニュースでは取り上げられないので、オレのように新聞をとっていない者はなかなか気づかなかったりする。鈴木ヒロミツ氏のせめて1/20くらいの規模でもいいから報じてくれればよかったのに……。
【小林恭治氏(こばやし・きょうじ=声優、ナレーター)8日午前1時2分、くも膜下出血のため東京都世田谷区の病院で死去。75歳。東京都出身。告別式は14日午前10時から東京都渋谷区西原2の42の1の代々幡斎場で。喪主は妻晴美さん。】
 ネット検索してみるとけっこう大勢の人々が小林さんの死を悼んでいるのだが、思い入れのある役柄(仕事)にずいぶんなばらつきがある。『おそ松くん』のイヤミ(初代)だったり、大鉄人17(ワンセブン)だったり、『レンズはさぐる』だったり。ちなみにオレの場合は、『スペクトルマン』のネヴュラの声と、『ひょっこりひょうたん島』のマシンガン・ダンディが浮かぶかな。藤村有弘氏に続いて、ひょうたん島オリジナルキャストが、また一人いなくなってしまった。伊藤悟氏(ゲイリブ活動家にして日本一のひょうたん島研究家)はどのようにこの訃報を受け取ったのであろうか。合掌。
 本日も朝から夕方まで出仕事。地下鉄にSUICAで乗って(……ホントに通れンのかよ? とやや疑い気味で)六時帰宅。夕食、入浴のあと、仕事。akaboshiくんから文学氏インタビューの下起こしデータが届いたので、それに手を加える。とはいえ彼はなかなか巧くて、構成をちょっと変えたり、語尾を整えたりする程度で済むのでホントに助かる。下手な人間のだと、全体を書き改めるくらいの手間がかかるのだ。作業はサクサク進み、レイアウトへの割り付けにまでかかれた。感謝! 零時まで作業してから就寝。明日も出仕事で早いので、今夜は『きらきらアフロ』は観ないのだオレ。
スポンサーサイト
  1. 2007/03/20(火) 20:21:12|
  2. 日記|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
<<反省せずと反省しました | ホーム | 御本尊と声優は黒子>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://karuto.blog8.fc2.com/tb.php/718-0b479d1d
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。