本日の○○(仮)

いろんなモノを書いたり『薔薇族』作ったり、幅だけはやたら広くやってるおっさんの身辺雑記です。オレに関心ない方にはあまりお勧めできないかもね(笑)。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

都知事選と学習会

4月8日(日)

 六時半起床。雑用アレコレこなしたあと、十時外出。都知事選の投票をすませた足で、とある資料を探しに池袋・要町・江古田方面までウォーキング。途中、いくつもの投票所の前を通ったのだが、およそ選挙なんていうものには似つかわしくないような人々(と言っては失礼だが)、たとえばジャージ上下のヤンキー夫婦みたいなのがずいぶんと見受けられ、この選挙の社会的関心の高さがうかがえた。江古田に着いたころに、A社のN記者よりケータイに着信あり。少々話す。
 中野まで歩いてJRで帰途に。二時帰宅。重いものを色々買ったせいで汗だくとなったので、シャワーを浴びる。今年はじめてだな、こういうパターン。上がって、途中で買った牛スジ煮込みをおかずに昼食。そのあと『桃色encount』の原稿書き。終えて、昨日文学氏からあずかった『薔薇族』の朱入れ部分のデータ訂正。済ませたものをMOに落としていたら、あっという間に五時半すぎ。あわてて支度し、ふたたび中野。なかのZEROで開かれる石坂わたるくんの勉強会へ。しかし、会場に着いて部屋割り表を見ても「石坂わたる」の文字がない(代わりにアニメ研究サークルの老舗である「アニドウ」の集会告知があったが)。あれ???? と思っていると、石坂くんサポーターのNくんがやってきて、手違いで料金支払いが前日までにされなかったせいで自動キャンセルされてしまったんだという。和泉●禰かよ!? と思わずツッコミたくなってしまった(笑)。さいわい別の部屋がとれたそうで、石坂くんのお母さんのモモさんが手続きをしてことなきをえた。
 結局いつもの部屋に落ち着いたのだが、今夜はスタッフも二人、参加者も四人とやや寂しく、どうなることかとハラハラしたが、Nくんの機転でその小規模性をプラスに転じることができた。要するに、テーブルを囲んで車座になり、候補者と有権者が至近距離で対面しながら意見交換できるようにしたのである。おかげで、小規模ながら濃密で内容のある会となった。石坂くんもいつになく意欲的で気合いが入っており、「自分の思いを伝えたい!」という姿勢がよく見えた。そのため彼の話が途切れそうになったときにはこちらも気持ちよく助け舟をだすことができたのであった。
 九時半終了。会場前で石坂くんと別れ、モモさんやスタッフのNちゃんと中野駅まで歩く。Nちゃんから「石原慎太郎当確」と聞き、「あぁ、やっぱり……」と嘆息。JR経由で十時帰宅。テレビをつけると、喜色満面のシンタローが。
【「ソフト路線」で逆風かわす=自民に「借り」、都政に変化も?都知事3選の石原氏………………8日の東京都知事選で3選を果たした石原慎太郎氏は、高額出張をはじめとした「都政私物化」問題で批判を浴びる中、反省姿勢を前面に出す「ソフト路線」を徹底、逆風をはね返した。自ら「最後だと思う」と認める選挙だったが、改めて高い人気を見せ付けた。ただ選挙戦で推薦候補並みの支援を受けた自民党に「借り」をつくった形となり、3期目の都政運営では都議会に配慮する場面が増えそうだ。都の文化事業への石原氏四男の関与など、昨秋から吹き出した一連の問題に危機感を募らせた石原氏は、選挙戦でいつもの「こわもて」ぶりを封印。「説明が足りず誤解を招いた」と反省の弁を繰り返す半面、ディーゼル車排ガス規制といった実績を前面に出し、反石原ムードの広がりを最小限に抑えることに成功した。また、無党派層を意識し、自民党の推薦を辞退する一方、予想以上の逆風に組織戦を進める必要があると判断。自民、公明両党に実質的な支援を求めた。このため3期目は、自民を中心とした議会側の意向を聞く場面が増えることが予想され、「トップダウン」「独断」との評がある「石原流」都政運営にも変化が見られそうだ。】
 マスコミが皆「石原有利」の論調を通したことで有権者が暗示にかけられた、という見方もあるが、しかし結局、都民の多くは石原都政に決定的な不信感を抱いていなかったということだ。そのまんま東は、宮崎県民のしがらみだらけの県政への不信感を追風にしてみごと勝利を勝ち取ったわけだが、東京都民はブツブツと文句はいいながらも、絶対的な「アンチ石原感」というのは持っていなかったのである。これは土着性の強い「地方」と、流れ者が大半を占めている「首都」との政治意識の差(自分の土地、という意識の強弱差)というのが顕著になったのかもしれない。いずれにしても、もう一期、あのオヤジのマバタキ(あれはチック症だよな)を見続けなければならないわけか。ハァ……。
 入浴し、零時就寝。少数派の声、まだまだ世間を動かすには至らず、と改めて知ったかなオレ。
スポンサーサイト
  1. 2007/04/09(月) 19:10:23|
  2. 日記|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
<<「あ、映ってる!」と「あ、ミスしてる!」 | ホーム | 桜餅とトーク司会>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://karuto.blog8.fc2.com/tb.php/738-b917dacd
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。