本日の○○(仮)

いろんなモノを書いたり『薔薇族』作ったり、幅だけはやたら広くやってるおっさんの身辺雑記です。オレに関心ない方にはあまりお勧めできないかもね(笑)。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

1984年生まれの団塊世代と早めの誕生祝い

4月16日(月)

 七時起床。小雨ぱらつく中、本日も朝から夕方まで出仕事。ネットにこんなニュース。
【 半田健人が憧れの尾崎紀世彦と対談!………………仮面ライダー555(ファイズ)の主演で知られる人気俳優・半田健人が、かねてからの憧れだった歌手・尾崎紀世彦と雑誌『団塊パンチ』の対談企画で初対面を果たした。 1970年代の大ヒット曲「また逢う日まで」で知られる尾崎。日本人離れしたソウルフルな歌声が、昨今の和物レアグルーブ・ブームの中で、若い人達に再評価され人気が高まっている。一方、半田は弱冠22歳ながら、小学生の頃から尾崎のLPを求めて中古レコード店をめぐり、70年代に発表されたアルバムは全て聴き込んでいるという程の筋金入りのフリーク。 尾崎にとって半田は年齢差41歳の「孫」世代。対談を終えて尾崎は「俺より俺のこと知っているんじゃない?しかし、よく知ってるねえ」と感嘆。半田は「憧れを超えた本当にボーカリストの鏡というような方と今日こうやってお会いできて……すごい不思議な感じがします。感動っていうだけじゃないですね」と喜びを爆発させた。】
 こういう仕事を無難にこなせるあたり、さすが「1984年生まれの団塊世代」と呼ばれている半田健人だけのことはある(笑)。半田くんはこれからどこへ行くのか……いろんな意味で楽しみである。
 雨まだ止まぬ中を五時半、中野。さくら水産前にて劇団フライングステージの俳優、石関準くんと待ち合わせ。今日はちょっと早いが誕生日(本番は二十一日)を石関くんが祝っってくれるのである。平日ということで空いている店内で、まずは乾杯。そしてアレコレ話す。劇団のこと、次回公演のこと、今期テレビドラマのことなど。あと、ちょっとデリケートな問題も相談。なんやかや話がはずみ、あっという間に十一時半のカンバン時間。外へ出るとまだ雨やまぬ。駅のホームで石関くんと別れ、JRにて零時前に帰宅。入浴し、メールなど打ってから一時前に就寝。あー、今日は気のおけない友人とよく呑みよく話したなぁオレ。
スポンサーサイト
  1. 2007/04/18(水) 22:13:11|
  2. 日記|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
<<群集シーンとおなじリュック | ホーム | はじめてのポスター貼りとジャンバー着る>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://karuto.blog8.fc2.com/tb.php/746-218b11cb
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。