本日の○○(仮)

いろんなモノを書いたり『薔薇族』作ったり、幅だけはやたら広くやってるおっさんの身辺雑記です。オレに関心ない方にはあまりお勧めできないかもね(笑)。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

おっさんの威厳とウサン臭いオレ

6月26日(日)

 まぁまぁな時間に起床。いや、正確には夜中に暑くて一度起き、エアコンをつけてまた寝たんだけれど。インタビュー原稿のリライトを大至急で仕上げ、砂川氏に送信。十一時半、外出。新宿駅まで歩き、そこから京王線で八王子まで。各駅停車に乗ったので、時間はかかるがガラ空きで(終点である八王子到着間際、隣の車輌を見たら無人だった。しまった、あっちに乗れば面白かったのに! と後悔しきり)、ゆったりとした時間を過ごせた。はじめて京王の八王子駅ビルを覗くが、想像以上の充実ぶりに驚く。ちっちゃな東急ハンズといった趣のフロアもあれば、広々とした書店もアリ。ユニクロもあるが、こちらは品揃えがイマイチ。やはり二九インチの白パンツはなかった。
 八王子の市街をぶらついたあと、三時にバー『Chez Stream』。本日は毎月定例の「ゲイの老後(未来)を考える会」なり。なのだけれど、上がってみると常連のT氏が一人いるだけ。主催者の勝山正人氏は急な用事で神奈川方面へ出かけており、留守番を頼まれているんだそうだ。しばらくダベッているが誰もこない。ようやく『薔薇族』の“狩人と学習”でここを取り上げられるようになったのに、そんなときに限ってこんなアリサマとは! とちょっとプリプリ。途中、ようやく一名増えるが、それっきり。結局、勝山氏が帰宅するまで三人だけのまったりとした時間を過ごしたのであった(あ、いや、あとイラストレーターの女性がお嬢さんと一緒にやって来たな。今度『薔薇族』に作品を持ち込みたいというので、頑張ってください、と名刺交換)。
 今回は時間がハンパになってしまったので雑談的な感じになってしまった。先日の『先端研』については、「よくもまぁ、ここをあそこまで妖しい店っぽく撮れるもんだよなぁ」という感心意見が。「さすがは『同窓会』の中で、二丁目仲通りを“魔界”のごとく映像化した日テレだね」とオレ。「まるで“阿片窟”みたい」と、オレが思っていたのとまったく同じ声があがったので、嬉しくなって「そう! あれはまったく阿片窟だよねぇ!!」とも。T氏は昨日のaktaのライブにも顔を出していたので感想を訊くと、「う??ん」と渋い顔に。怨み節にかたまらず「スマートに歳をとる」というのはなかなか至難の業であるということを痛感させられたような様子である。もっともそれは何もゲイだけに限った話ではないが。平成になって失墜したものに「おとなの威厳」というのがあるとオレは思う。「尊敬できる(憧憬を抱ける)ようなオヤジ&ジジイ」というのが絶滅の危機にあるから、若い者が“加齢”というものをいたずらに恐れるのだ。「ああなってしまったらおしまいだ」「あんな風になるくらいなら死んだほうがマシ」と思わされるような連中しか周囲にいないから。“おとな”が子どもの規範となりうる存在として輝いていた昭和を知る者としては悲しい限りである。“イケじじい”がもっと増えなければイカンねぇ。
 普段ならば買い出しに行って自炊による食事会となるのだが、今回も大幅に時間を超過してしまったので外食に。前回とおなじスパゲティ屋へ入る。途中、われわれ一行だけはビラ配りのバイトが見てみぬフリをする。絶対にカタギの集団とは思っていないのであろう。などと他人事みたいな顔もしていられない。外へ出るとき、T氏がオレのスタイルをまじまじと見ながら、「なんか、だんだんとウサン臭くなってますねぇ」と言ってくれた。「ウサン臭くしてんです」と答えておいたが、狙いがまんまと図にあたった感じで嬉しい限りである。オレのような凡庸なカタブツというのは、外見ぐらいトッポくしておかないと「ただの人」になってしまい、他人の記憶に残らないのだ。モノカキも目立ってナンボである。素顔だけで強烈なインパクトを与えられる“容貌魁偉”な皆様がうらやましい。
 戻ってきてから、普通よりやや遅れてバ?タイムのスタート。多分に下ネタのまじるしょうもない話をしつつ、一〇時まで。中央線で帰途につく。十一時頃帰宅。『堂本兄弟』を観つつ『ポパイの時代』の続きを読んだあと、零時半すぎに就寝。とりあえず取材も一段落したことだし、そろそろ執筆に専念しないとイカンなぁオレ。
スポンサーサイト
  1. 2005/06/27(月) 19:44:55|
  2. 日記|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
<<虚脱感と脅かす歯医者 | ホーム | サークル依存症と納得いかないお通し>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://karuto.blog8.fc2.com/tb.php/75-85ef8df7
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。