本日の○○(仮)

いろんなモノを書いたり『薔薇族』作ったり、幅だけはやたら広くやってるおっさんの身辺雑記です。オレに関心ない方にはあまりお勧めできないかもね(笑)。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

みつからなかった帽子と田中3号

4月27日(金)

 七時起床。雑用のあと、十一時、外出。天気がいいので高円寺までウォーキング。夏用の帽子が欲しくて数軒覗くがどれもイマイチ。去年、息子の祐人のステージ衣装を探しにきたとき、理想通りのものがあったのだが、あのときは色が気に入らず買わなかった。今にして思えば、どーしてあのとき買っておかなかったのか! 人生とは、後悔と恥かきとを積み重ねていく作業なり。中野まで行くが、やはりコレといったものはなし。ふーむ。結局、高円寺くんだりまでわざわざ来て買ったのは一九八円のアリエールだけだった(笑)。
 帰りはJR。二時帰宅。パソコン覗くと、かつてのエロスの女帝の思いもかけぬスキャンダルが。
【愛染恭子逮捕 「自分の男と関係持った」と姪に暴行………………80年代にポルノの女王として一世を風靡した「愛染恭子」が捕まった。容疑は姪っこの女子中学生(14)を殴る蹴るして負傷させたというものだ。千葉県警野田署に23日、傷害で逮捕されたのは、東京・北新宿に住む愛染こと寺西恭子(49)と、その兄で無職の山崎久夫(50)と母親の山崎悦子(72)。調べによると、3人は20日午後4時ごろから8時ごろまでの間、千葉県野田市の久夫の自宅で、久夫の中3の二女をハンガーなどで殴ったり、蹴るなどして全身に約2週間の擦過傷や打撲傷を負わせたという。二女が20日夜、自宅から逃げ出し、野田署に保護されたことから、寺西が元女優の「愛染恭子」と分かった。愛染は「(姪っ子が)自分の知り合いの男と関係を持ったので腹が立った」と容疑を認める供述をしたという。また愛染の兄で、二女の父親の山崎は「しつけとはいえ、やり過ぎてしまった」と話したという。愛染は81年、本番映画「白日夢」でデビュー。「未亡人下宿」などのポルノ映画やストリップに出まくり、94年にポルノから引退。近年はAVの監督業などをしていた。】
 なんというかホントにショッパイ話であるなぁ。かつてストリップの本番行為で逮捕され、釈放直後のマスコミ会見で「ホンバンワ、愛染恭子です」とスパイスの効いた挨拶をしたとかしなかったとか伝えられる(笑)元祖エロテロリストが、こんなつまんないことで報道されるとは(どこまでホントであるかはさておき)。時代が変わった、そして昭和がまたひとつ終わった、という感がさらに強くなる今日この頃なのである。
 集中力欠如、いっそう極まれり。どうにも気が散り、原稿すすまず。十時からはドラマ『特急田中3号』。今期、『セクシーボイスアンドロボ』と並んでノーマークの大穴馬だった作品である。「鉄チャン」というオタクの中でも最も業がふかいと言われているジャンルに初めてスポットライトをあてた冒険心(笑)や小気味よい展開もさることながら、やっぱり主役の田中聖(KAT-TUN)の大健闘ぶりがイイんだな。クセモノを演じさせたらピカイチで、なかでもオタク芝居には定評のあるロバート・秋山を相手に、一歩もひかない芝居を見せてくれる。ここまで出来るのか、とちょっとした驚きがあった。あと、これまでずっと脇の脇しか見たことのなかった大人計画の平岩紙が、主役グループの一員に加わっているのもやや感動。やっぱり人間、続けていけば結実する日が来るのかもしれない。磯山晶プロデュース作品はとりあえずチェックしておく必要があるのかな、と再認識す。零時すぎ就寝。『田中3号』は色んな意味で手に汗にぎるドラマだなぁオレ。
スポンサーサイト
  1. 2007/05/01(火) 20:30:05|
  2. 日記|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
<<少人数清掃と押し寿司部屋 | ホーム | デカレンジャーとマッハGOGOGO>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://karuto.blog8.fc2.com/tb.php/757-0ec341af
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。