本日の○○(仮)

いろんなモノを書いたり『薔薇族』作ったり、幅だけはやたら広くやってるおっさんの身辺雑記です。オレに関心ない方にはあまりお勧めできないかもね(笑)。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

マツケンピンチとマッコリブーム

5月6日(日)

 七時起床。雑用のあと、十時から原稿書き。ネットに気になる芸能ニュース。
【植草長男がジャニーズデビュー………………少年隊の植草克秀(40)の長男裕太(13)がジャニーズ事務所入りし、同グループ主演ミュージカルで本格デビューすることが4日、分かった。幼少期から父の活躍を見て、タレント活動にあこがれを抱き、今年に入って同事務所のレッスンに参加していた。本格デビュー作となるミュージカルは毎夏恒例の少年隊主演ミュージカル「PLAYZONE」の新作「Change2Chance」。裕太は植草の息子役として出演し、初舞台は親子共演となる。長いまつげと人懐こい表情は父にそっくりで、「目標はお父さんではなく、お父さんを超えること」と話している。ジャニーズ志望を父に打ち明けたのは昨年4月。厳しさを実感している植草は当初反対したが、母で元モデルの千恵子さんの説得もあって同事務所と相談、レッスン参加が認められた。植草は「自分の息子がこの仕事をやりたい言ってきた以上、自分には止める理由がありません。あとは本人が努力するのみ。先輩として、また親としても頑張ってほしい」とエールを送る。同事務所所属の現役タレントの子供が、本格的な芸能活動を開始するのは今回が初めて。ジャニーズ初の親子所属タレントとなる。】
 植草の息子ということは、まさに文字通りの「ジャニーズ・ジュニア」ということか(笑)。とはいえ、周囲は扱いに困るだろうなぁ。もともと芸能人ジュニアは比較的多い事務所ではあるが、なんせ今回は現役所属タレントの息子であるから。スタッフも先輩も同輩もみな気を遣い、いやな汗を流すことになるであろう。また植草自身もシンドイ立場ではあると思う。父としてのホンネと先輩タレントとしての体面のバランスをどうとっていくのか、ちょっと注目したいところである。
 そしてもうひとつ、かんばしくない芸能ニュース。
【連ドラ初主演でボロボロになっている松山ケンイチ………………主役を張るタイプではないということか。若い女性の間でカリスマ的な人気を誇る松山ケンイチ(22)が急ブレーキだ。松山は放送中の連ドラ「セクシーボイスアンドロボ」(日本テレビ)で初主演している。このドラマは、14歳の少女ニコと、ロボットが大好きなオタク青年のロボが次々に難事件を解決していく冒険活劇。初回は視聴率が12.5%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)でそこそこだったが、2回目から視聴率が1ケタに急落し、4月24日放送の3回目は6.9%までダウンしてしまった。これまで大ヒットした映画「デスノート」などで人気になり、俳優としても高く評価され、大物の仲間入り寸前だっただけに残念だ。「脇役なら才能を発揮する俳優がいるけど、松山はその典型的なタイプ。『デスノート』は日テレの製作だから、ヒットのご褒美もあって『ロボ』に起用されたのでしょうが、これからという時にミソをつけたのは大きなマイナスです」(事情通)松山は来年公開の「デスノート」のスピンオフ映画で主演することが決まっている。これで巻き返しができるかどうかにかかってくる。】
 前にも書いたとおり、オレはこのドラマは好きだし、マツケン(松平健にあらず。松山ケンイチのことである)もなかなかの逸材だと思っている。が、こないだオンエアを見逃してしまった回(第四話)は、石関準くんによると「未消化な部分のめだつシナリオ」だそうで、案の定、木皿泉の筆によるものではなかったらしい。オレは『セクシーボイス?』を観たい、というより「木皿泉の書いたものを観たい」という思いで視聴しているので、欲をいえば全話を木皿脚本でいってほしいのだが……。それはさておき、視聴率と出来不出来は比例しないことのほうが多いし、本放送時にふるわなかった作品がソフト化や再放送によってブレイクする、というケースも少なからずあるので、そのあたりに期待したいなぁ。
 昼近くに『桃色encount』用原稿二本分をアップし、送信。外は雨なので今日は出かけたい気分が抑えられて助かる。『桃色encount』コラムをさらに書き続けるが、四時すぎまでやったところでどうにも眠くなり、しばし横になる。そのままオチてしまい、気づくと五時。入浴して原稿書きの続き。ニュースで、韓国でいまマッコリ(韓国ドブロクのこと。正確にはマッコルリ?)がブームで、厳選米を原料にした高級品やイチゴやキウイなどの味つけをしたフルーツ系など、さまざまな変わり種マッコリが発売され、市場を賑わしているという。オレの中で「マッコリ消費者」といえば「石関くん」なのだが(笑)、そういや木曜に買ったマッコリ1リットルパックが手つかずのままウチの冷蔵庫に眠っているなぁ(あの日は結局、わが家の焼酎しか呑まなかった)。
 調子がどうにも上がらないので、原稿書きは八時すぎで終了し、岐阜在住のシャンソン歌手・今里哲さんのところへ、『薔薇族』に関するお願いのファックスを入れる。その後は読書するもなかなか集中できず。十一時半、就寝。千々に乱れているのだなぁオレの心。
スポンサーサイト
  1. 2007/05/07(月) 20:21:05|
  2. 日記|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
<<訃報ふたつと善意の電話 | ホーム | 浪費(2)とプチプチ吉事>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://karuto.blog8.fc2.com/tb.php/767-c4c31af1
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。