本日の○○(仮)

いろんなモノを書いたり『薔薇族』作ったり、幅だけはやたら広くやってるおっさんの身辺雑記です。オレに関心ない方にはあまりお勧めできないかもね(笑)。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

高田みずえとヨッキュン

5月11日(金)

 7時起床。ワイドショーは各局、杉浦太陽・辻希美の婚約会見。開口一番「どうもすみません」と頭をさげる2人であるが、謝罪するのは、今回の妊娠・休養のせいで仕事に穴をあけられた関係者たちだけでいいのでは? 芸能リポーターが「どうして避妊をしにかったんですか!?」とエラソーに糾弾していたが、おまえが怒る筋合いではなかろう。
 ほかには連日のように取り上げられている中国のパクリキャラ満載遊園地について。
【北京市内の石景山遊園地。入り口には「ディズニーに行くのは遠いので、石景山遊園地に行こう!」と書かれている。 ミッキーマウスに似たグッズも含め、キャラクターの使用許可を一切取らずに営業しているが、れっきとした国営の遊園地。中国も5月1日のメーデーから大型連休となっていて、連休初日の1日は、大勢の家族連れなどでにぎわった。目玉イベントのパレードには、「グーフィー」に「白雪姫と7人の小人」、さらには「ティガー」など、おなじみのディズニーキャラクターにそっくりな着ぐるみが登場する。観光客は「(ディズニーのキャラクター見た?)見ました。ピエロたちと写真を撮りました」と話していた。さらに園内中央には「シンデレラ城」のようなお城、そして人気のアトラクションにそっくりな乗り物まである。石景山遊園地の劉景旺社長は「(ディズニーと関係ある?)関係ありません。われわれが新しく作ったキャラクターです。(ミッキーはいますか?)いません。うちのは『大きい耳のネコ』です。ちゃんと見てください」と話し、ディズニーのミッキーマウスにそっくりなのにもかかわらず、あくまで「独自のキャラクター」と言い切った。 着ぐるみのスタッフは「(ディズニーのまねでは?)たぶんそうです。ここの人が香港ディズニーに行って学んだり、まねしたりして作ったんです」、「ディズニーとほぼ同じだと思います。技術や踊りなどはディズニーに少し劣っていますが、ほぼ同じです」と語り、胸を張っていた。また、このほかにも日本生まれのキャラクター、「ドラえもん」や「ハローキティ」に似たぬいぐるみも見られ、「ハローキティ」の著作権を持つサンリオは、「映像を見ていないのでコメントできない」としている。】
 やっぱり中国はスゴイねぇ。いくら日本人が逞しくなったところで、この心臓にはとうていかなうわけがない。知的所有権という概念が、果たしてこういう輩にまで及ぶのか、野次馬としては興味津々である(笑)。
 10時、外出。駅前で髪を切ってからJRで三鷹まで。三鷹のブックオフを皮切りに、吉祥寺?西荻窪ルートで古本屋や服屋などをまわるのだ。それにしても吉祥寺という街は奥が深いなぁ。スカしたブランドショップが鼻息も荒く、肩で風きっている横で、「当店ではハイセンスなどというものは一切お取り扱いしておりません」みたいな昔ながらの洋品店が幅をきかせているんだから(笑)。こういうカオス性が、たぶんこの街の魅力なんであろう。
 シャツを買って、3時帰宅。入浴し、原稿書き。7時からフジテレビ『Dのゲキジョー』。放映内容は以下の通り。
【元アイドル歌手で現在は、大相撲の松ヶ根部屋のおかみさんとして部屋を支える高田みづえさん(46)が11日放送のフジテレビ系「Dのゲキジョー」に出演することになった。昭和60年に大関の若島津(当時)と結婚し芸能界から引退。以前から出演交渉を受けていたが、最近の大相撲の八百長報道に対し、「地道に頑張っている若手の力士たちがいることをわかって欲しい」と出演を決めた。高田さんによるとテレビ出演は20年ぶりという。このほど行われた収録に参加した高田さんは、着物姿が板につきおかみさんの貫禄がたっぷり。「久しぶりにスタジオでこうしてスポットライトを浴びて不思議な感じ」と笑顔。これを機に芸能界復帰を望む声も高まりそうだが、「若い力士たちと生活させてもらって、彼たちの夢や希望にたずさわっていることがすごく幸せなんです」とおかみさん業を貫く決意を感じさせた。番組では歌手時代の映像を流すほか、結婚秘話、現在の暮らしぶりなどを語る。】
 引退以来、完全に「おかみさん」業に徹している高田みずえが久々に拝めるんだから、これは観るでしょう。秘仏公開にも匹敵する物珍しさである(笑)。余談であるが、彼女のデビュー曲にして最大のヒットである「硝子坂」は、元々は木ノ内みどり(現・竹中直人夫人)のアルバム収録局。アレンジと歌手が変わることによって、ここまでイメージが違ってくるのか……と当時、子どもながらに感心したことを憶えている。
 11時からは『恋するハニカミ』。スタジオ内の誰も共感できなかったチュートリアル徳井の「萌えのツボ」が、しかしオレには全部「ピンポ?ン!」であった(笑)。「え、どうして? これってすンごくいいシチュエーションやん!」とテレビにむかって突っ込んでしまった。ちなみに徳井は自分を「ヨッキュン」と呼んでほしいそうだが、ソレもいいなぁ??。オレも「ヨッキュン」と呼ばれてぇ????。
 零時就寝。ヨッキュン不満かオレは!?(笑)
スポンサーサイト
  1. 2007/05/14(月) 19:57:42|
  2. 日記|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
<<中野とマトモな食事 | ホーム | イタメシと外国人オタク>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://karuto.blog8.fc2.com/tb.php/772-02e2936c
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。