本日の○○(仮)

いろんなモノを書いたり『薔薇族』作ったり、幅だけはやたら広くやってるおっさんの身辺雑記です。オレに関心ない方にはあまりお勧めできないかもね(笑)。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

加世子と和洋

5月13日(日)

 6時半起床。『激獣戦隊ゲキレンジャー』にはエレハン・キンポーに続く3人目の拳聖「バット・リー」が初登場。声は池田秀一(=シャア・アズナブル)だから、つまり池田氏が吹き替えの持ち役としているアクションスタア「ジェット・リー」のパロディである(ちなみにエレハン・キンポーの声は水島裕で、こっちはサモハン・キンポーのもじり)。どこまで続けられるか、このダジャレ路線!?
 昼ごろに『桃色encount』原稿をアップしてから『薔薇族』2号用原稿書きをいよいよスタートさせる。昨夜録画しておいたSPドラマ『めぞん一刻』を流しながら。観ながらフト、祐人をはじめ、オレの近くにいる若い連中にとって、オレの周囲というのはそのまんま「一刻館」なのではないか? と思う(笑)。脚本が岡田恵和ということで、どことなく『ちゅらさん』を彷佛とさせるイメージ(雑多な面々が暮らすアパートが舞台、というのは両作共通であるし)。というか、制作側もそのあたりを狙っているのか? 誰が演るのか最も注目されていたクセモノおばさん・一の瀬さん役は岸本加世子なのだが、デビュードラマ『ムー』で純情乙女を好演した彼女が、30年の時を経て、そのときの樹木希林(金田さん)的役柄を演じているところに複雑な心境に……。ちなみに石原真理子主演の映画版(87年公開)のことは誰も口にしないが、あれはもはや無かったことに!?
 ネットを観てたら、芸能ニュースにこんなもの。
【イケメン渡辺和洋アナが七夕挙式………………フジテレビの渡辺和洋アナウンサー(30)が結婚することが12日、分かった。お相手は長年交際してきた一般人の女性で、7月7日に都内のホテルで挙式する。渡辺アナは女性ファンが多い人気者で、雑誌などで行われる各局の男性アナウンサーの人気投票では常に上位にランクイン。インターネット上でも女性ファンから「格好いい」と騒がれている。それもそのはず、大学在学中の96年に、武田真治、伊藤英明、小池徹平ら人気タレントを輩出してきた「ジュノン・スーパーボーイ・コンテスト」に応募。特別賞に輝いた“実績”も持っている。その一方で、関係者によると人柄はとてもまじめで仕事熱心。自身でも「人見知り」と分析するシャイな一面もあり、局内では誰に対してもこまやかな気遣いをする好青年として知られている。】
 このニュースに肩を落としたファンは多いだろうなぁ。しかし世間の憧れの的を射止めた人間というのは、ファンの憎悪を一身に浴びることになるであろう。まさに正負の法則(笑)。どうでもいいけど渡辺アナの名前は「和洋」なんだなぁ。グローバルな人間になるように、との願いをこめてつけられたんであろうか?
 原稿書き、8時くらいまで。あまり進捗はナシ。入浴し、11時半ごろ就寝。「めぞん一刻」は完全にシリーズ化前提の作りになってるが、果たして続編は作られるのであろうか? と関係者でもないのに気になるオレ。
スポンサーサイト
  1. 2007/05/14(月) 19:59:40|
  2. 日記|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
<<書肆アクセスとキンコン西野 | ホーム | 中野とマトモな食事>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://karuto.blog8.fc2.com/tb.php/774-7c9fa7a7
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。