本日の○○(仮)

いろんなモノを書いたり『薔薇族』作ったり、幅だけはやたら広くやってるおっさんの身辺雑記です。オレに関心ない方にはあまりお勧めできないかもね(笑)。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

生への楔(くさび)と想像を絶するバカ

5月16日(水)

 7時起床。ネットにまるで昭和のギャグ漫画のようなニュース。
【個人情報、強風で紛失=東京………………東京都杉並区の河北総合病院(河北博文理事長)は15日、個人情報が書かれた書類354人分が強風で吹き飛ばされ、職員らが手分けして182人分を回収したものの、残る172人分を紛失した可能性があると発表した。11日午前8時20分ごろ、同病院が運営する居宅介護支援事業所で職員が窓を開けたところ、窓際にあった書類が外に散らばったという。未回収の書類のうち159人分には氏名と生年月日、介護区分などが記載されていた。】
 メモリースティック1本で数万人分の情報がカンタンに持ち出せてしまうデジタル環境もコワイけれど、たかだか強風くらいのせいで飛んでいってしまうようなアナログな管理環境というのもまたオソロシイ(笑)。それにしてもホントに漫画のような話だ。
 漫画みたい、といえば、ここ最近『スーパーモーニング』でおっかけている多摩のインチキ獣医のやり口はもっと漫画々々している。診察中にハムスターが死んだので別のハムスターを飼い主に渡し、「これ、ウチの子じゃないんじゃありません?」と問いつめられたら「いや、治療してると外見は変わってくるもんなんです」なんぞとイケシャーシャーとホザいたり、治療費を水増しするために切らなくていい犬の腹を切ってビニールのカタマリを押し込んだり(それが気管をふさいで死んでしまったそうだ)と、まるで『おそ松くん』のキャラクターみたいな医者だというのである(イヤミが医者になったらそーゆーことをしそうザンス。シェ――!!)。被害者団は、医師免許剥奪と刑事罰を求めて告訴状を出したそうだが、物言えぬ存在を金儲けのタネとしか見られぬ者が「医師」の看板を掲げていられるような社会のシステムというのはどうゆうものか。マガイモノばかりが横行し、ホント腹の立つ時代になったもんだ。
 本日も朝から夕方まで出仕事。午後、ケ?タイが鳴り、某社の某連載の担当者の方が亡くなったとの報が入り唖然とす。ご自宅で亡くなっていたとのことだが詳細はまだよくわからないという。先週、逢う予定だったのだが先方との連絡がとれなくなって叶わなかった。きっちりした感じの方なのだが、このところメールを出してもなかなか返信がもらえない状態だった。今にして思うと、よほど体調がよくなかったのだろうか。まだ若い年代での突然死を後になって聞かされる、という経験はこれで3度目(最初は専門学校時代の同級生、次は兄のように慕っていた年上の友人)だが、そのつど「人間はたやすくは死なないが、死ぬときはあっけなく死ぬ」ということを思い知らされる。オレは自分自身の「生」というものには無頓着で、ぶっちゃけ執着がない。永く生きるならそれでもいいし、明日死ぬとしてもまぁ、それはそれでしゃーない、としか思わない。それは人生に打ち込まれた楔(くさび)の数が少ないからであり、考えてみればオレの楔というのは「両親」しかない。親不孝はさんざっぱらしてきたから、せめてもの孝行として最低限「親より早くは死ぬまい」と思っているのだ。だから、両親が死んでしまえば、強がりではなく、その翌日くたばってもべつに構わない。もしも配偶者とか恋人だとか子どもだとかがいれば、それらがみな楔となって生への執着をもたらすのだろうが、幸か不幸か今現在オレは独り者である。ゆえにシンプルに、生への楔は「父」と「母」のふたつのみだ。いつかこれがなくなったら、オレは死というものへの甘美な誘惑をあらがえるだろうか、とフト思う。新しい楔が欲しいような、欲しくないような。とにもかくにも、O氏のご冥福を心からお祈りいたします。
 6時帰宅。ニュースで「ペッパーランチ」の役員のおっちゃんたちが謝罪していたのでまた何か偽装でもあったのかと思ったら、傷んでいたのは食材ではなく人材のほうであった。
【食事中の女性客を拉致し暴行、ステーキ店長ら逮捕………………大阪・ミナミのステーキチェーン店「ペッパーランチ」心斎橋店で、食事中の20歳代の女性客を拉致し、乱暴するなどしたとして、大阪府警南署が、同店店長北山大輔(25)(泉佐野市)、店員三宅正信(25)(大阪市西成区)の両容疑者を強盗強姦と逮捕監禁致傷の疑いで逮捕していたことがわかった。2人は「女性を囲っておくつもりだった」と供述しているという。調べでは、北山容疑者らは9日午前0時20分ごろ、大阪市中央区の心斎橋筋商店街近くにある同店で、閉店作業を装って店のシャッターを閉め、1人で食事中だった女性客を「逃げたら殺す」とスタンガンで脅し、無理やり睡眠薬を飲ませて泉佐野市内の貸しガレージまで車で連れ去って乱暴したうえ、5万5000円入りの財布を奪った疑い。】
 なんというか、空いた口がふさがらないようなお粗末犯罪(発想が中学男子並)なのだが、しかしこれは会社側はいかんともしがたいことなので(こんなバカが現実世界にいるとはよもや想像できんだろうから)、ペッパーランチを責めるのは気の毒というものだろう。たぶん色んな誹謗中傷が同社にはぶつけられるであろうが、しょせん他人の尻馬に乗ってくだらん鬱憤をはらそうとするウンコどもである。相手にする価値ナシ、ということで。そんなものに対応している暇があったら、社員教育の徹底につとめるべきである。
 入浴し、原稿書き。10時くらいまで。ちょっと読書などしてから『水曜どうでしょうclassic』を観てから零時すぎ就寝。人生悲喜こもごも、という言葉がしっくりくる日だったなぁオレ。
スポンサーサイト
  1. 2007/05/17(木) 09:49:29|
  2. 日記|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
<<IDAHOとキテレツメニュー | ホーム | 池袋ウォークとまたもイマイチ>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://karuto.blog8.fc2.com/tb.php/777-75f73f18
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。