本日の○○(仮)

いろんなモノを書いたり『薔薇族』作ったり、幅だけはやたら広くやってるおっさんの身辺雑記です。オレに関心ない方にはあまりお勧めできないかもね(笑)。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

IDAHOとキテレツメニュー

5月17日(木)

 7時起床。ネットにこんな芸能ニュース。
【赤江アナ報ステディレクターと熱愛………………元朝日放送(ABC)のアナウンサーで、テレビ朝日・ABC系朝の情報番組「スーパーモーニング」の司会を務めるフリーアナウンサー・赤江珠緒(32)が、テレビ朝日のディレクター・Aさん(34)と熱愛中であることが15日、分かった。03年に、赤江が最初に同番組の司会を務めた際、当時ディレクターだったAさんと知り合い、交際をスタート。その後、赤江は大阪に戻ったが、遠距離ながらも愛をはぐくみ、東京に拠点を移した現在も交際を続けている。赤江は06年3月で一度は同番組を降板し、大阪に戻ったが、2人は遠距離恋愛となったその後も交際を続け、赤江は今年3月31日をもって朝日放送を退社。フリーアナウンサーとなったが、4月からは拠点を東京に移していた。現在は再び「スーパーモーニング」の司会を担当している赤江だが、新たな環境で仕事をスタートさせたばかりであり、関係者は「2人とも今のところ結婚はないと話している」と説明している。】
 童女の愛らしさと母のような包容力を合わせ持ったタマちゃんは中年以降の男性に絶大な人気を誇っており、オレもじつはけっこう好きだったりするんだが、それだけにこのニュースは各方面に大きなショックをもたらしたろうな。「そうか、フリーになってまで東京に戻ってきたのはこのためだったのか……」とようやく合点がいったが、うーむ……。当然のことながら『スーパーモーニング』でこの話題を取り上げるはずもなく、タマちゃんはいつもの通り、何事もないような顔で司会進行につとめているのであった。
 原稿書きしながら、録画しておいた深夜の外画ドラマ『スーパーナチュラル』を観る。これは主役の兄弟を、次長課長・井上と成宮寛貴が吹き替えているのだが、仕事しながら聴いてると、ふたりの区別があまりつかない。声質が比較的似ている、ということもあるが、それ以上に演技力にもあまり差がない気が……(笑)。これを観ていると、「群を抜いた若手演技派」なんていうマスコミの成宮評がだんだん揺らいでくるなぁ。
 正午、『バディ』連載原稿を書き上げて送信。GW中はこちらの不手際で迷惑をかけてしまったから、締切りより1週間も早く送っておく。ひと仕事終えて、出かける支度。朝から強い雨が降り続いているが、1時半、まだふり止まぬ中を外出。どうしても歩きたいので、傘をさしつつウォーキングで中野まで。今日は「やっぱり愛ダホー」という街頭イベントの助っ人に行くのだ。「愛ダホー」とは「IDAHO(アイダホ=同性愛差別に反対する日)」のもじりで、内容は、
【書けば読む! 5月17日、駅前のマイクにてあなたの虹色のメッセージを、読み上げます! (1)IDAHOネーム(当日読みあげていい名前) (2)肩書き  (3)IDAHOへの一言メッセージ (100文字以内で、性の多様性についてポジティブなもの)  これをそろえて、このコミュのコメント欄へどうぞ。いただいたメッセージは、「よほど趣旨に反していない限り全て」読みあげます。】
 というもの。歩いてきたせいで2時の集合時間に15分くらい遅れてしまい、責任者のまめたくんに「どこへ行けばいい?」とメールすると、「なかのZEROへ来てください」との返信が。なんだ、さっきZEROの前を通り過ぎて駅前まで来たのに、と間の悪さに苦笑しつつ、指定された場所へむかう。ZEROではすでに作業が進んでおり、オレもメールで送られてきたメッセージを紙に書き写す仕事に加わる。4時近くになってメンバーは中野の街頭へむかったが、オレは大学生の男の子とふたりで作業を続行。5時になり、「全部終わってなくてもいいので、とりあえず駅前まで来てください」との連絡が入ったので、切り上げて駅前ロータリーへ。読み上げの手伝いなどをしてから、6時すぎ、JRで新宿へ移動。
 新宿では東南口の広場に陣取る。ここはドラマやバラエティのロケ地にも使われる名所で、これから駅に向かう人、駅からはきだされてくる人とが交差するエリアである。様々な声を張り込めたパネルを興味深く覗き込んでいく人もけっこういて、なかなか面白かった。欧米系の人たちは「ガンバッテクダサイ」と声をかけてくれたりして、さすがは人権擁護運動の本場だなぁ、と(笑)。こちらでは、編集者から勝手に「レズライター」という肩書きをつけられ怒っていたまーこ女史もビラ配りに参加。以前にべつの雑誌では「巨乳ライター」なんてつけられちゃったんですよ、とも言っていたので、「巨乳レズライター、ビラビラ配りの図」と光景にタイトルをつけてあげたら、「狩都さん、それは卑猥すぎてアウト!」と却下されてしまった(笑)。エロといえば、寄せられたメッセージの中に「チンポ」という単語があったのだが、それをまた、うら若き婦女子が読み上げるもんだから、オレも不覚にもホモのクセして「萌え?」となってしまった(笑)。きっと聴衆のなかにも同様のケダモノどもが大多数いたに違いない。エゲツナイ性欲ヤデ!(by.ヨギータ)
 8時半、つつがなくイベントは終了。撤収し、打ち上げは伊勢丹むかいの「魚民」。いっちゃん安いコース料理を頼んだのだが、串モノにかぶりついた瞬間、「……ん!?」となり、次の瞬間、「あ、コレはこないだ唐沢センセイの日記(http://www.tobunken.com/diary/diary20070511094816.html)でネタにされていたキテレツメニューだ!」と気づく。一体どんなもんなんだろうか? と日記を読んで以来、ずっとイメージをめぐらせていた「冷凍のクリームコロッケの中身を衣をつけずに揚げたもの」もちゃんとあってちょっと嬉しかった(笑)。しかし、「美味いなぁコレ」と思わされるものは見事なまでに皆無だったなぁ。デザートとして出されたのは単に「凍った生和菓子」だったし(笑)。一瞬、雪見大福みたいなものかと思ったのだが、みごとに「凍った生和菓子」であった。カチカチになった「すあま」は、堅くて、食べるのに難儀をしたぞ。普通に「和菓子」としてなぜ出せない!?
 10時半すぎにお開き。徒歩で11時すぎに帰宅。入浴して、1時ごろ就寝。ブーブー文句は言うものの、変なものには基本的に目がないのですオレ。
スポンサーサイト
  1. 2007/05/21(月) 18:17:09|
  2. 日記|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
<<歩きまくリと写真展 | ホーム | 生への楔(くさび)と想像を絶するバカ>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://karuto.blog8.fc2.com/tb.php/778-05b6243d
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。