本日の○○(仮)

いろんなモノを書いたり『薔薇族』作ったり、幅だけはやたら広くやってるおっさんの身辺雑記です。オレに関心ない方にはあまりお勧めできないかもね(笑)。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

歩きまくリと写真展

5月18日(金)

 7時起床。原稿書きするも集中力が保てず、なかなか思うように進まず。1時、支度して外出。心のうちがモヤモヤして、とにかく無性に長距離歩きたい気分なので、新宿、青山、六本木、広尾、中目黒などをえんえんとさまよったあと、5時に恵比寿へ。駅ビル内の書店を覗くと、伊藤文学氏が「薔薇族編集長伊藤文学」という筆文字とともに裏表紙を飾っているスカした雑誌「オーケーフレッド」(リトルモア)がずいぶんな数、平積みで売られていたので(さすがはスカした街のスカした書店、こういうスカした雑誌が売れるのだね)、上の一冊を裏返しておくというイタズラを(笑)。それにしても、恵比寿のこの変貌ぶりはいかがなものか。オレは87年?93年までの6年ちょっとここで暮らしたのだが、あの頃はホントに寂しい街で(バブルの傷跡ばかりが目立っていた)、まるっきり浦島太郎状態である。
 6時、東口改札でakaboshiくんと待ち合わせ。今日は一緒に櫻田宗久くんの写真展「新日本美人画」を観にいくのだ。ほんとうは櫻田くんも会場に待機しているはずだったのだが、仕事の都合でどうしても今日は来られないというメールが入った。残念。ガーデンプレイスを抜けて、かつて住んでいたアパートのあたり(恵比寿3丁目かいわい)を案内しつつ、会場である「ククイカフェ」へ。6時開店、と櫻田くんから聞いていたのだが、6時半ごろ入ってみると誰もおらず、しばらく2人きりで作品を鑑賞。レトロとポップがほどよく融合された感じで、なかなかユニーク。毎回さまざまな手法でジェンダーとやらいうものとガップリ四つに組んでいる櫻田くんの、また新しい手のうちに触れた感じである(復刊『薔薇族』のグラビア撮影現場では、毎月々々彼一流の美意識&リビドーの発現&萌えのツボがみられて楽しかったなぁ?)。さて次回は何をどんなふうに料理してくれるのかな、と楽しみになる。
 やがてお店のスタッフの方がいらしたので2種類のビールをオーダーし、途中で交換などして飲みつつ、しばしダベる。8時ごろ辞去。JRで帰途に。駅前で買い出してから、わが家へむかう。オレの撮った取材VTRやDVDなどを鑑賞しつつ(ホモドラマ『同窓会』のバラエティ的ノリにやたらウケていた)ダラダラと飲み続ける。1時すぎにakaboshiくんがツブれたので横にならせる。たまに思い出したように目覚める(笑)彼と話などしているうちに夜がしらじらと明けてきたのでオレも眠ることに。就寝時間不明。バカみたいに歩いてばかりいたバカなオレ。
スポンサーサイト
  1. 2007/05/21(月) 18:17:52|
  2. 日記|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
<<ショックな訃報とやたら眠い | ホーム | IDAHOとキテレツメニュー>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://karuto.blog8.fc2.com/tb.php/779-46da860c
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。