本日の○○(仮)

いろんなモノを書いたり『薔薇族』作ったり、幅だけはやたら広くやってるおっさんの身辺雑記です。オレに関心ない方にはあまりお勧めできないかもね(笑)。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

ウォーキング日和とシャンソンライブ

5月20日(日)

 6時起床。「談志・陣平言いたい放題」再放送を観ながら原稿書き。コラム1本書いてから10時半外出。からっとした晴天のもと、下北沢までウォーキング。正午すぎに伊藤文学氏邸へ着くも、留守のようなので近くの公園で時間つぶし。30分ほどして再度でむくと、ちょうど文学氏が帰ってきたところだった。お宅でちょっと話したあと(某社より、過去の『薔薇族』掲載小説の単行本化に関するオファーがあったそうなので、受けるのならば契約書をきちんと取り交わしてください、と念押し。その他、ネット会社から今回の自力復刊版のコンテンツのweb公開のオファーもあったそうだが、これは「断ってください」とキッパリ)、近くのソバ屋へ行って昼食。2時すぎ、タクシーで渋谷へ。今日は、昨年京王プラザホテルで開かれた「伊藤文学を励ます会」で知り合ったシャンソン歌手の今里哲さん(http://www55.tok2.com/home/tetsu/)の定例ライブにお邪魔するのだ。
 会場は、美しい新緑にかこまれた隠れ家的エリア(青葉台、とはよくぞつけられた地名である)の小さなライブハウス。以前は自転車でしょっちゅう通っていたあたりだが、こんなところがあったのは知らなかった。入ると今里さんが迎えてくださり、「本はちゃんと持ってきてくださったかしら?」とあちらから催促していただいた。『薔薇族』を10册も引き受けてくださって、有難し。3時開演。客数は10人程度と少なかったが、アットホームでなかなか良い雰囲気ではある。大ホールでの仕事もあれこれこなされている今里さんだが、こういうステージも大切にしたい、という思いから採算とは関係のないところで続けておられるんだそうだ。後半にうたった「ヨイトマケの唄」が、本家である美輪御大に引けをとらないなかなかのもの。文学氏は「美輪さんよりもイイんじゃないの?」と。個人的にはデジタルカメラを構える文学氏の姿というのはなかなか見ものであった(笑)。5時終演。今里さんが、ご自分がいただいた薔薇の花束を「ぜひ奥様に」と文学氏に託してくださったので、ありがたく頂戴して、タクシーで再び下北沢へもどる。
 半ごろにマンション前で別れ、徒歩にて帰途に。だいぶ涼しくなってはきたが、しかし歩いていると寒くはない。1時間強で帰宅。入浴し、原稿書き。10時ごろまでやって終了。12時前に就寝。シャンソンは、たまにしか聴けないがやっぱり好きだなぁオレ。
スポンサーサイト
  1. 2007/05/21(月) 18:19:06|
  2. 日記|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
<<さよならLDと反省会 | ホーム | ショックな訃報とやたら眠い>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://karuto.blog8.fc2.com/tb.php/781-9e164114
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。