本日の○○(仮)

いろんなモノを書いたり『薔薇族』作ったり、幅だけはやたら広くやってるおっさんの身辺雑記です。オレに関心ない方にはあまりお勧めできないかもね(笑)。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

藤田まことと奈美悦子

4月20日(水)

 そこそこの時間に起床。連絡メール、mixi、朝食。『渡鬼』ファーストシーズンを観たあと外出。しようとした矢先に雨が降り出す。駅前のセブンイレブンでネットオーダーしてあった本を受け取ったあと、髪切り屋へ。ここは昨今急増中の1000円カット店なのだが、大手チェーン系列ではなく、そのせいか駅から徒歩30秒という好立地にもかかわらずあまり客がいない。某有名店のように「10分間」とかいう時間的目安はなく、「ご満足いただけるまでやります」と言っている。要は「廉価な美容室」といった感じなのだ。年中無休で頑張っているので、大久保・北新宿近辺で髪を切りたい方、どうぞ御贔屓にしてやっていただきたい。詳細を知りたい方はオレに訊いてください。
 丸正で昼飯を買って帰宅。シャワーを浴びたあと(髪を切ったらすぐに風呂に入らないと気持ちがわるいのだよオレは)、食べながらテレビ朝日『ワイドスクランブル』を観る。中国の反日デモと日本の安保闘争の比較に「ふーん」と。あの頃はまだ幼児で、なんでイイ大人たちが棒っきれ振り回したり石ころ投げたりして暴れていたのかさっぱりわからなかったが、自分がイイ大人になった今でもああいう心理はやっぱりわからん。天下国家なんてものを熱く論じたりなんぞすることなく過ごしてきたノンポリ者としては、もっとマシなやり方があろうかと思うのだが。どのような高邁(こうまい)な理想があったとしても、テロ行為というのは決して許されるものではなかろう。そもそも「我々は“あしたのジョ?”である」なんてセンスのかけらもねぇことホザく連中に国政を浄化する力などあろうはずもない。当時のヒット曲『老人と子どものポルカ』の中のあいの手「ゲバゲバ?」はゲバ、つまりゲバルト(権力に対する武力行使)を揶揄したものだと知ったのはずいぶん後になってからだが、左ト全の「やめてケレ、ゲバゲバ」という悲痛な(?)叫びが、彼らの耳にはどう届いていたのだろうか。
 そのあとの新聞の拾い読みコーナーでは、今夜新シリーズがスタートする『はぐれ刑事純情派』の主役、藤田まことが出演。今期でファイナルだというが、この人のシリーズはどれも長寿である。『必殺』が十七年、『はぐれ刑事』は十八年だという。そういえば第一部の若手刑事役は“木村一八”だったなぁ。終了直後、“あばれ刑事六本木純情派”になって服役してしまったっけ。「真野あずさみたいな美女とネンゴロな役柄でいいですねぇ」というアナウンサーのやっかみめいた言葉に、「いやぁ、その前は菅井きんにさんざんな目に遭わされてきましたからねぇ」と切り返すところはさすが。大衆芸能出身者の本領発揮というところか。大御所となった今でも喜劇役者の魂を失わないのはおおいに見習いたいところである。
 ここ数日の蓄積疲労のせいだろうか、喰い終わったらモーレツに眠くなり、しばし昼寝。三〇分ほどにしておくつもりが二時間近くも。これはイカンと思い、えいやっ、とおのれを鼓舞して起き上がる。が、原稿を書くほどの気力はなく、HDレコーダーの番組をDVDに落としつつ、連絡メールを打ったり、資料をあさったり、夕食の支度をしたり。
 入浴後、ようやく真面目に原稿に着手。完全プロデュースする会員制ネット「naviGAYtor」の原稿を仕上げて送信したり、薔薇族の連載企画書をおおまかながら上げたり。『Matthew's Best Hit TV 』を観ながら連絡メールいくつか。しかし“マシュー南”というキャラは強いなぁ。こちらの完成度があまりに高すぎて、本体である藤井隆のほうが最近かすれて見える。これでいいのか藤井? 番組は特上寿司をかけてのクイズゲーム。様々なジャンル(アニメとか八〇年代アイドルとか)のマニアック問題に正解すれば寿司にありつけ、不正解なら電気ショック、という至極ベタな内容であるのだが、しかし回答者の中に“奈美悦子”の姿が。ちょっと前まで大病を患っていたというのに、このバイタリティはどこから来るのだろうか。ウツ者としてはぜひとも訊いてみたいところである。あるいはオレと同様、「仕事することで精神の均衡を保つ」キ●ガイなんだろうか。しかし彼女はいつ観てもキャラクターを守り続けるなぁ。この日も、昔、大沢樹生(元・光GENJI)と親子役で共演したとき、バイクに乗せてもらったら、「ババア、離れろッ!」とファンから罵詈雑言を浴びせられた話を、嬉々として語っていた。 ここまで徹底したプロというのは凄すぎてコワイ。しんどいときにはもうちょっとしんどい様子を見せてもいいのではないか、と他人事ながら心配にもなる。ま、ホントに大きなお世話なんですが、ね。
 今日はとにかく眠い日で、マシューを観ながらいつの間にやら夢ン中(ちゃんとOFFタイマーに設定してありますのでご心配なく)。
スポンサーサイト
  1. 2005/04/21(木) 19:25:56|
  2. 日記|
  3. トラックバック:1|
  4. コメント:0
<<四十一歳の春だから | ホーム | ゲイマスコミのケツの穴を「見てンのよぉッ!」>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://karuto.blog8.fc2.com/tb.php/8-6684e018

芸能人INDEX 藤田まこと

芸能人INDEX 藤田まこと
  1. 2005/04/23(土) 06:55:06 |
  2. 芸能人INDEX
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。