本日の○○(仮)

いろんなモノを書いたり『薔薇族』作ったり、幅だけはやたら広くやってるおっさんの身辺雑記です。オレに関心ない方にはあまりお勧めできないかもね(笑)。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

メイド検定と吉屋信子

6月19日(火)

 8時から仕事開始。本日のノルマは『桃色encount』コラムと『バディ』連載原稿なり。ネットにこんな話題。
【「メイド」を文化に!? 12月に初の「検定」………………メイドの聖地、東京・秋葉原で12月、メイドへの理解力を試す筆記と実技を兼ねた初の検定試験「メイド検定」が行われる。検定には「カフェのお客さまが『このコーヒー熱いよ。僕は猫舌なんだ』と言いました。メイドとしての適切な対応を記述しなさい」といった筆記から、接客マナーの実技試験も予定しており、詳細は9月に開催するセミナー(1回3000円)で紹介する。受験者の制限は設けていないが、メイドの能力向上を目的としているため、原則的には女性が対象になる。合格者を関連業者に紹介する場合もあるという。
 メイドビジネスを「オタク産業のひとつ」とする根強い見方もあるが「本来のメイドは19世紀の英国ビクトリア朝を最盛期に、働く女性の職業として由緒正しい歴史がある」と話すのは、今年2月に秋葉原で「メイド養成アカデミー」を開講した佐橋邦彦さんだ。コミュニケーションが希薄化してきた日本では「従順なメイドと客との間に成立する密接な関係」というコンセプトは人気を集め、特にサービス産業でメイド店員が目立つようになった。そのなかで「雇用する側は募集費用や効率、応募者のレベルのバラつきの問題を抱えている。だから最低限の知識とメイド業界の内情に触れる機会を提供する場が必要になった」と佐橋さんは説明する。“風俗店”とは一線を画したいという狙いもあるようだ。こうした動きに、「しょせん、“一種の遊び”にすぎないのに、検定まで受けようとするメイドがいるのだろうか」と懐疑的な業界関係者もいるが……。メイドは「ビジネス」としても「文化」としても転機を迎えつつあるようだ。】
 たんに“メイド服が着てみたかったから??”というレベルの“なんちゃってメイド”が急増し、本来の「サービス業としての質」が低下しているのも検定を企画した大きな要因であるという。なるほど「制服に身をかためた美女たちがハイクオリティな接客の技をみせる喫茶店」を増やしたいわけか。ん……待てよ。それってまるっきり、数年前に「ウエイトレスの水準を維持できなくなったから」という理由でチェーン全店閉店した『談話室滝沢』のことではないか。うーむ、あそこは、元祖「メイド喫茶」であったのか。もうちょっと辛抱して営業を継続していたら、ひょっとすると「奉仕の精神」に燃える良質の人材が流れてきたかもしれないのになあ。
 午後、『2時っチャオ』を観ていると、テロップで渋谷の女性用スパ施設で爆発事故があった、という急報が。「少なくとも3人がケガを負った」とのことだったが、現地の映像をみると施設が鉄骨の骨組みだけになっており、どうみてもケガだけで済むようなレベルではない。今日は西新宿の路上で看板が落下し、女性がひとり重篤におちいっているというが、うーむ……。
 録画しておいた『お前等昭和をなめんなよ!』というレトロネタ番組をみていたら、カラオケ発明者のオッチャンの「特許申請しなかったせいで百億円の儲けをフイにした」という話のところで司会の渡辺徹が「オレもシーチキンおにぎりの申請をしなかったせいで大損した。あれはオレが小学生の頃に考案したものなんだ!」とラチもないことを言っていたが、しかしもしも渡辺の考案物だったらたぶんオレは食わないゾ。「食ったら、ああなっちゃうんですか!?」という感じで……(笑)。
 『桃色encount』コラム5本(!)と『バディ』原稿を仕上げて送って、4時。今日はもう原稿はいいかげん書きたくないので外出することに。もやもやした気分を一掃すべく池袋までウォーキング。乙女ロードやサンシャインシティなどをぶらついても、つぎの予定までまだちょっと時間があるので、雑司ヶ谷の霊園周辺を散策することに。池袋の猥雑感と、ほんのちょっと離れただけでこれほど空気が隔絶されるのかと少し感動をおぼえる。オレの住んでいる新宿界隈もそうだが、都心というのは緩急の落差が露骨なまでにはげしいところがじつに面白い。
 江戸川橋のあたりまで足をのばしてから7時ちょっと前に早稲田へ。本日はパフスクール「女を愛する女たちの物語」の受講日である。今日のテーマは、『花物語』などで知られる少女小説界の巨人「吉屋信子」について。このあたりは(このあたりも、か)通り一遍の知識しかないのだが、信子の情熱性(および性急さ)は自分にも思い当たるふしが多く、話を聞きながらやたら気恥ずかしくなってくる。とくに、恋人・門馬千代に出したラブレターなどは、まるで「オレが書いたのではないか?」と思えてくるほど心情的に合致する内容で、ハイ、反省しました(笑)。
 9時終了。近隣の店で食事などしてから11時10分すぎに帰宅。入浴し、読書少々してから本日の「カルトさん」は終了。
スポンサーサイト
  1. 2007/06/20(水) 18:35:12|
  2. 日記|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
<<イタい話とヒリヒリするドラマ | ホーム | 営業妨害と史上最大のカミングアウト>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://karuto.blog8.fc2.com/tb.php/813-5f85df20
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。