本日の○○(仮)

いろんなモノを書いたり『薔薇族』作ったり、幅だけはやたら広くやってるおっさんの身辺雑記です。オレに関心ない方にはあまりお勧めできないかもね(笑)。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

限度問題と情熱大陸

7月1日(日)

 たっぷり寝てから、10時から仕事開始。ワイドショーで羽賀研二逮捕の報にふれてビックリ。
【羽賀容疑者出演ドラマシーンカット………………タレントの羽賀研二容疑者=本名・当真美喜男(44)=が30日、知人男性を脅して約4億円の債権を放棄させたとして、恐喝容疑で大阪府警に逮捕された。羽賀容疑者は、プロボクシング元世界チャンピオンの渡辺二郎容疑者、山口組系暴力団組員と共謀して、羽賀の抱える4億円の債務を1000万円で解決させようと計画、被害者を脅迫した疑い。羽賀容疑者が特別出演したフジテレビ系新ドラマ「山おんな壁おんな」は出演シーンをカットすることを決めた。19日の第3話でかばんのバイヤー役で出演し、収録も終えていた。同局は今後の対応策として「撮り直すのか、もともと(出演部分が)なかったものにするのか調整中です」と説明した。】
 羽賀という人は決して悪い人間ではない感じなのだが、子どもの頃に辛酸をなめつくしたせいで“物質的裕福さ”というものへの執着心がハンパでなく強いんだろうと思う。世間並みの豊かさは充分に手にしているはずなのだが、それでは満足ができず、まだ足りないまだ足りないと常にわきあがる底なしの渇望と闘い続けている。ふつうに考えればそれは向上心であり、悪いことではないのだけれど、羽賀の場合はその部分が肥大化しすぎ、ある種、奇形化してしまっているのだろう。オレも貧乏な家の子どもだったが、幸いにもウチの親はそれを毛ほども悟らせないよう細心の注意と創意工夫(他家ではフツーにやっている友だちを招いての“誕生会”をしない理由も「ウチの方針だから」ということで納得させ、オレも特に疑問は持たなかった)をして育ててくれた(じつは家計が苦しかったということを、オレは大人になってから知らされたのだ)ので、そういう部分への執着というのはあまりない。もちろんハングリー精神はある程度はあったほうがいいのだろうが、それとて限度問題であり、度がすぎると結局、今回のような不幸しか招かない。まだ新婚の夫人が、彼をどのように支えていくのか……。彼女が羽賀に愛想をつかさないことを個人的に祈りたい。
 本日は『薔薇族』関連の名刺をいくつか作成。4時すぎから、今度は『薔薇族』原稿に取りかかる。といってもこれは、予定していた原稿が入らなかった場合の“保険”であり、そちらがちゃんと間に合えばこちらは没になるんである。もちろん“没”といっても、あくまで「今回の『薔薇族』では没」という意味であって、どっかで必ず活かすつもりなんで、決して「ムダ」にはしないのだ。
 知人の内澤旬子さんが主役の『情熱大陸』をみてから(内澤さんのチャキチャキ・サバサバ感がよく出ていた気がする。オレも含めて、ついつい趣味方面にのめりこんでしまいがちなタイプの男は、こういうタイプのパートナーを持つべきなんであろう)、零時前に「カルトさん」は営業終了なり。
スポンサーサイト
  1. 2007/07/03(火) 08:46:21|
  2. 日記|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
<<十人十色の人権定義と緊急会議 | ホーム | トリビアの今後と厳しいコーチ>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://karuto.blog8.fc2.com/tb.php/825-7b0c6d35
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。