本日の○○(仮)

いろんなモノを書いたり『薔薇族』作ったり、幅だけはやたら広くやってるおっさんの身辺雑記です。オレに関心ない方にはあまりお勧めできないかもね(笑)。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

大人の品質低下とすばらしい原稿

7月3日(火)

 9時から仕事開始。ネットにこんなニュース。
【女子更衣室侵入と誤認…男性教諭、小6男児に“レッテル”………………神奈川県小田原市の市立小学校の20歳代の男性教諭が昨年1月、当時、担任していた6年の男子児童の背中に、「僕は、女子更衣室に侵入しようとして失敗したおバカさんです」と、事実と異なる内容の張り紙をしていたことが2日、わかった。児童は翌日から約1か月間、学校を休んだ。市教委は「不適切な言動」として、同年6月、教諭と校長を訓告処分とした。教諭は今年4月から別の小学校に勤務している。市教委によると、教諭は昨年1月30日昼、女子児童から、「男子が女子更衣室に入ろうとしている」と告げられ、事実を確認しないまま、周囲にほかの児童もいる教室内で、着席していた男子児童の背中にサインペンで書いたA4判の紙を張り付けた。男子児童は泣き出したが、教諭は「泣いているんじゃないよ」と言った。】
 オレは幸運にもまだ世の中がまっとうだった時分に幼年期をおくれた人間なので、昨今の子どもをとりかこむ危機的状況というのがイマイチわからなかったのだが(子どももいないしネ)、ホントにひどいことになっているようだねえ。先日、夜道を歩いていたら、どこかの家のなかから、誰かを口汚くののしる若い男の声が聞こえてきたのだが、よーく聞いてみると、どうやら父親が子どもに対して発しているものらしい。巻き舌で、どう聞いてもチンピラのゴロマキでしかないのだが、しかし父親らしいのだ。オレの小さかった頃、子どもに対してそんな下卑た態度をみせる大人なんてのはただの1人もいなかった(少なくともオレの周囲では)。誰もが子どもに対しては「手本となろう」と勉め、それなりに「背伸び」や「無理」をしていた。いや、見栄だっていいのである。たとえ儀礼的であっても「尊敬される存在であろう」と頑張る気持ちをもつことが重要なのだ。そういう意識が、いつの間になくなってしまったんだろうねえ。子どもよりもガキっぽい大人が急速に数を増しつつある。大人らしい大人というのは、そのうち宇宙人以上に現実感のない存在になってしまうやもしれんな(笑)。
 仕事しながら、『必殺仕事人風雲竜虎編』の再放送を見る。今週末の特番『必殺仕事人2007』のPRとしての傑作選リピートなのだが、やはり「かげろうの影太郎」はいいねえ?。オレはこの役に惚れ込み、それまで嫌いだった三浦友和という俳優まで好きになってしまった。あげくの果てには、影太郎の殺し道具である「南京玉すだれ」まで買ってしまったからなあ。社員旅行の演芸大会でそれをやって優勝し、1万円の賞金をもらったっけ。
 11時半、外出。ウォーキングで下北沢まで。1時、伊藤文学邸着。本日予定していた入稿が明後日に延びることの詫びと、『薔薇族』の宣伝広報営業マンとなって出版費用をかきあつめてくるための手段として、オレが「副編集長」、akaboshiくんが「編集チーフ」と名乗ることの承諾を得る。七夕イベントの申込者の状況をきくと、あまり芳しくないようなので、ネット上での再告知と、「事前予約ナシでもOK」の一文を追加することを約す。
 王将で食事して、文学氏と別れる。徒歩にて帰途に。途中の幡ヶ谷にて、米5キロと山盛りトマト、キャベツ一玉等々を安かったのでつい買い込み、戦後の買い出しの人のような姿で汗だくで帰る。そんなアリサマでも交通機関を使わないところがオレの頑固なところである(笑)。歩くと決めたら歩くのだ。
 5時すぎに帰宅。ネット経由で肩書き入りの『薔薇族』名刺を発注す。9時ごろまで原稿書きしてから一旦終了するが、そのあとに送られてきたakaboshiくんの『薔薇族』用原稿があまりにすばらしかった(自画自賛?)ので、明日まで待ちきれずに仕事を再開する。結局、1時近くまでかけてレイアウトしてしまった。「入稿を遅らせても待った甲斐があった」という充足感と、「ヤレヤレこれで木曜入稿が実行できる」という安心感につつまれながら本日の「カルトさん」は終了。
スポンサーサイト
  1. 2007/07/09(月) 19:31:30|
  2. 日記|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
<<不幸のオーラと宛名書き | ホーム | 十人十色の人権定義と緊急会議>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://karuto.blog8.fc2.com/tb.php/827-2f60b5c7
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。