本日の○○(仮)

いろんなモノを書いたり『薔薇族』作ったり、幅だけはやたら広くやってるおっさんの身辺雑記です。オレに関心ない方にはあまりお勧めできないかもね(笑)。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

公示日と街の反応

7月12日(木)

 8時半、外出。9時前に新宿2丁目・尾辻かな子事務所へ到着。本日がいよいよ今夏参院選の公示日なのだ。というわけで街頭での第一声を盛りたてるボランティアの方たちが続々と集合し、待機している。平日の午前中だというのに、事務所内はずいぶんな人出である。マスコミ取材者も加えれば、ほぼ満員。聞くと、「午前中、半休をとった」という人が多い。みんな熱心だなあ。オレの場合は、2021年に出す予定の日本同性愛史総括本『脱“隠花植物”半世紀(仮)』のための取材も兼ねていて、決して純粋とはいえないのだが。
 民主党での手続きが遅れたとかで、結局、チーム尾辻が始動したのは10時ごろ。簡単なご挨拶のあと、選挙アイテムをもって、ぞろぞろと新宿駅東口に移動。雨がぽつりと来たが、かろうじてもっている。東口広場にはすでに民主の街宣カーがあり、管直人を筆頭とするお歴々がマイクを握っていた。オレは今回はチラシまきをせず、証紙(これを貼っていない刷り物は配付できないのだ)貼りの手伝いや、資料写真の撮影などに徹したのだが、おかげで一般聴衆に近いポジションで演説を聞くことができた。その結果、やっぱり管氏は華があるなあ、と再認識。声に説得力があるし、話している内容が自然と頭に入ってくる(さくらパパの逆だな)。途中、「自民党、バンザーイ!!」と紋切り型なイヤガラセをするヤンキーグループがいたが、妨害ももうちょっと工夫してやってくれればいいのになあ。面白ければ、それなりに楽しめるのだが。
 やがて尾辻氏の番に。オレは街の人々の反応に関心があるのであちこち移動しては、それとなく会話に耳をそばだてていたのだが、それほどの悪感情的なものは見受けられなかった。「レズビアンだって」とクスクス笑いながら通り過ぎていくギャル3人組や、「あの人は真正レズビアンなの? それとも途中から、なったの? こういうこと訊いたら失礼なのかな?」と隣にいた女性記者に訊いているおじいさんなどがいたが、たいていの人はまったく関心を示さずに通り過ぎていく。歯牙にもかけられない、というのはバッシングをくらうよりも始末に悪いよなあ。なんとか変えていかねば。
 地方へむかう尾辻氏を送り出して、昼休憩。事務所で数人の方が『薔薇族』2号を買ってくださった。感謝! ポスターへの証紙貼りやハガキ整理などのボランティアをやったあと、4時すぎ辞去。ジョナサンで食事してから5時ごろ帰宅。夜、伊藤文学氏からようやく電話あり。今後の展開などもちょっと話す。8時くらいで本日の「カルトさん」は営業終了。
スポンサーサイト
  1. 2007/07/17(火) 21:54:43|
  2. 日記|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
<<大胆偽装と大胆アレンジ | ホーム | 2号到着と公示日前の緊迫感>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://karuto.blog8.fc2.com/tb.php/836-cf26cf2d
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。