本日の○○(仮)

いろんなモノを書いたり『薔薇族』作ったり、幅だけはやたら広くやってるおっさんの身辺雑記です。オレに関心ない方にはあまりお勧めできないかもね(笑)。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

データ送信とどっちが真実?

7月19日(木)

 8時すぎから仕事開始。10時、ちょっと外出してスーパーなどで買物。『バディ』へ連載コラムの入稿を済ませてから、『薔薇族』の某社に引渡すためのデータ作成にかかる。テレビではこんなニュース。
【ヤラセ横行中国テレビ界 「段ボール肉まん」捏造だった………………「段ボール入り肉まん」として中国のテレビ局が報じた「スクープ」は、テレビ局の「捏造」だった。北京テレビは2007年7月18日夜、同局が「スクープ」した「段ボール入り肉まん」の放送が「捏造」だったことを放送のなかで明らかにし、謝罪した。問題となった「段ボール入り肉まん」は、北京テレビが「透明度」という番組内で、北京市朝陽区で販売されていたと報じた。使用済みの段ボールをカセイソーダ(水酸化ナトリウム)の溶液に浸して変色させ、やわらかくした上で、煮込み、本物の肉と混ぜて(豚肉と段ボールの割合は4対6と段ボールの方が多い)、肉まんの中身として使用していた、というもの。近所の肉まん販売店員のインタビューや隠し撮り風のシーンもあり、その生々しい内容から、中国国営の中央テレビもこの「スクープ」を取り上げ、国内外で大きな反響を呼んだ。
 一方で、日本のワイドショーのコメンテーターやネット上の書き込みなどからは「捏造だとする報道が捏造なのでは」「実際に段ボール入り肉まんはあったはずだ」「単なる中国政府の見せしめだったのでは」といった見方もある。しかし、北京にいるメディア関係者はこうした見方には否定的だ。中国の大手新聞社「経済日報」の王建鋼さんはJ-CASTニュースに対して次のように語る。「(「段ボール入り肉まん」報道後に)北京市当局は真相究明のためにかなりの調査をしたと思います。北京市工商局などは、調査をして『段ボール入り肉まん』がなかったことを公表して、記者に『本当はあったんじゃないか』と物凄く追及されました。それでも自信を持って『なかった』と主張してましたから。私の得ている情報では100パーセント(北京テレビの)『捏造』だったんだと思います」王さんによれば、「段ボール入り肉まん」報道で北京市は「大パニック」に陥り、誰も肉まんを食べなくなった。むしろ、こうしたパニックを受け、北京市や中国当局は「火消し」に躍起になり、警察からは徹底した捜査が行われたという。もっとも、ヤラセや捏造の類いは中国のテレビ局では頻繁に行われる。王さんも「テレビで謝罪を見るのは初めて。日本と違って(中国のテレビ局は)間違っても訂正すらしないですから」と明かす。今回は、「ヤラセ体質」のテレビ局のスクープが計らずも国際的な反響を呼び、番組担当者が逮捕される事態にまで発展してしまったようだ。】
 あちらの場合、「国営」とはいっても、経営システムは日本の民放とかわらず、しかもスタッフの給与額は視聴率に応じて変動するというシビアなものらしい。だから「スクープをあせってガセネタを」という今回の説明も一応の納得はできる。しかしお国柄を考えてみると、真実を「捏造だ」とねじ伏せてしまうくらいのことはしそうでもあるし……。 オリンピックにむけて国家のイメージアップ戦略に血道をあげている今だしなあ。段ボール肉まんが実際にあったにせよ、なかったにせよ、トンデモなニュースであることに変わりはないよな、ウン。
 6時すぎ、完成したデータを某社へ送信。その後、11時くらいまで原稿書きをやってから本日の「カルトさん」は終了なり。
スポンサーサイト
  1. 2007/07/23(月) 19:23:23|
  2. 日記|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
<<宮沢賢治と公選法グレーゾーン | ホーム | 納品とお届け>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://karuto.blog8.fc2.com/tb.php/843-2ae95341
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。