本日の○○(仮)

いろんなモノを書いたり『薔薇族』作ったり、幅だけはやたら広くやってるおっさんの身辺雑記です。オレに関心ない方にはあまりお勧めできないかもね(笑)。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

ショックと暴動のおきない呑み屋

8月7日(火)

 9時ごろから仕事。原稿書きなど少々。ネットにこんな話題が。
【「♪鳥くん」といっしょに都内野鳥観察&焼き鳥ツアー!………………♪鳥くん。バードウォッチング検定一級を持つ、現在人気上昇中の“鳥マニア”だ。彼が鳥に魅せられたきっかけは、小学生の時に登った山で見たカワセミの美しさ。今でも執筆や講演、イベントなどの合間を縫って野鳥観察の旅を続けており、1年の半分以上は車の中での生活だという。
というわけで、今回はそんな♪鳥くんを先生に迎えて井の頭公園で野鳥観察をしてきた。まず目に付いたのがカラス。「ハシブトガラスですね。鳴き声がカーカーでしょ。ハシボソカラスはガーガー。都会にいるカラスはほとんどハシブトです」おお、早くも“トリ”ビアが出ました。「あ、あそこにコアジサシがいますよ。絶滅危惧種第二類に指定されている鳥です。あっ、あっ、ほら、あっちにカワセミ!」興奮気味のご様子にこちらまでテンションが上がってくる。大いに満足したので、先生を公園入り口の焼き鳥屋へと誘った。怒られるかと思いきや、「鳥肉大好きですよ。一番好きなのは皮。断然、タレ派です」とのこと。ここでも熱い鳥トークをたっぷりと聞かせてもらう。ちなみに、好きな芸能人は吉川ひなのだそうで。ひな…。やっぱり鳥だ。】
 この♪鳥くんという人、こないだ深夜番組で初めて観たんだが、どうもキャラ設定がやや複雑で、その分インパクトに欠けるというか、どこか勢いにブレーキがかけられている感じである。魚くんぐらい見た目もキャラクターも単純にいけたらいいんだが。魚くんブレイクの最大要因は、やっぱり“子どもウケする”ということに尽きると思うんだが、また♪鳥くん(あー、音符マークがいちいちメンドクサイなっ!)の場合は、なまじ男前な分だけ損をしている気がする。魚くんのような、モロ“サカナ顔!”というようなものは、この業界ではやっぱり得なのだ。……って、なんだその“業界”ってのは!?(笑)
 5時半外出。JRで上野まで。復刊『薔薇族』の発行元だったメディアソフトさんへお邪魔し、編集スタッフだった通称“S-2くん”(って、オレが勝手にこの日記内で呼んでただけなんだが)と再開する(まあ、彼は七夕の伊藤文学イベントにも来てくれたんだが)。ほんとうは先週月曜に来る予定だったのだが、その前夜、尾辻事務所で夜明かししてしまったせいで体調をくずし、申し訳ないがドタキャンさせていただいたのだ。ショックだったのは、もうひとりのスタッフだった“S-3くん”が先週一杯で退社してしまったということ。ああ、こんなことなら先週、ちゃんと来ればよかった……とかなり後悔する。
 S-2くんと久々に、以前何度か連れてってもらっていたガード下の呑み屋へ行く。ここのサワーはアルコールの量がかなりあり、チェーン系居酒屋のそれとくらべると、たぶん5倍強であろうとオレはふんでいる。この界隈で、普通の居酒屋のジュースのようなサワーなんか出したら、たぶん暴動が起きるのではないかと思うぞ(笑)。
 9時半ごろまで呑んで(『薔薇族』へのエール、ということでS-2くんに御馳走していただいた。感謝!)JRで帰途。10時すぎに帰宅するも、もう何もする気にならず、必然的に本日の「カルトさん」は営業終了となるのであった。
スポンサーサイト
  1. 2007/08/13(月) 21:43:15|
  2. 日記|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
<<コメントと“講師”正式決定 | ホーム | 加山雄三と田原俊彦>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://karuto.blog8.fc2.com/tb.php/864-dfe39fe8
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。