本日の○○(仮)

いろんなモノを書いたり『薔薇族』作ったり、幅だけはやたら広くやってるおっさんの身辺雑記です。オレに関心ない方にはあまりお勧めできないかもね(笑)。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

はだしのゲンとレインボー祭

8月12日(日)

 9時ごろから仕事。コートコーポレーションのPR誌『CHECK』の原稿をぼちぼち書きはじめる。
 仕事しながら、録画しておいたドラマスペシャル『はだしのゲン・前後編』を観る。これまで『はだしのゲン』は劇場用映画やアニメなどにもなっているが、「胸に迫ってくる」ということでは今回の作品が一番である。とにかく子役が達者なのに感心した。原作にかなり忠実な描写で、昨今では一部のクレーマーたちから非難されるのではないか? とこちらがハラハラさせられるようなシーンも再現されていた。原爆投下後の、ゲンと母が父たちと死別するシーンでは大泣きしてしまった。この作品はリアルタイムで毎週、読んでいたのだが(ちなみに当時の掲載誌は『少年ジャンプ』!)、あのときもやっぱり号泣したっけなあ。『はだしのゲン』というのは、オレの戦争観や国家観というものの骨格をなした作品で、もちろん功罪どちらもあるが、人格形成に少なからぬ影響をおよぼしているのだ。いまさらながら、幼年期にふれるメディアというのは大切なんだなあ、と痛感したね。
 5時すぎ外出。「二丁目レインボー祭り」を冷やかしに新宿2丁目まで。今年はボランティアスタッフに、尾辻かな子事務所が開放されているので、涼みながら、高い場所から祭を見物できて助かる。事務所にむかって仲通りをよこぎると、なんと尾辻さんがボランティアスタッフとして風船販売(ラストにみんなで空に放つための)をしていて驚いた(笑)。昨日のイベントに出たことである部分ふっきれたのか、いつになく清々しげな表情であった。
 開演後に来たのですでにステージでは色々なパフォーマンスが繰り広げられていたが、ホンモノの平山みきが出演したのにはビックリ! 当然のごとく『真夏の出来事』を歌っていたが、あの状況を彼女はどのように見ていたんだろうか? もっとも「なにあの変なオバサン! 全然知らない歌で、つまんな?い!」と若ゲイたちがブーたれていたので、『真夏の出来事』を知らない世代にはあまり楽しめなかったようである。
 7時をまわったあたりから事務所内にも人がどんどん増えてきて、酒盛りなどもはじまる。いろんな人たちといろんな話を。選挙中にはみんなあえて言わなかった忌憚のない意見などもアレコレ聞けて楽しかった。あっという間に時間がたち、事務所が閉じられる10時になっていた。外に出ると、8時でイベント自体は一応終了しているのだが、まだまだ大勢の人が残っており(お盆だから、明日が休みの人も多いのだろう)、まだまだ「祭のあと」とはいかない様子である。
 石坂わたる選挙のとき以来のつきあいであるKさんらと共に新宿駅近くまで。某件についてKさんと、30分近くも街頭で立ち話してしまった(笑)。
 零時ちょっと前に帰宅。そのまんま「カルトさん」も店じまいなり。
スポンサーサイト
  1. 2007/08/13(月) 21:48:04|
  2. 日記|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
<<スキャナー物色と丸井本店 | ホーム | パレードとつなぐ会>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://karuto.blog8.fc2.com/tb.php/869-b6c50f2f
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。