本日の○○(仮)

いろんなモノを書いたり『薔薇族』作ったり、幅だけはやたら広くやってるおっさんの身辺雑記です。オレに関心ない方にはあまりお勧めできないかもね(笑)。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

カリキュラムと告知

8月22日(水)

 8時くらいから仕事。この秋に講師をやることになった「パフスクール」のプランを練る。まずはパンフレットに掲載するための文案から考えなければならないのだが、それを作るためにはカリキュラムを大まかなりとも固める必要がある。いくつかの選択肢があるのだが、サテどれを採用すべきか。パフスペースへの提出締め切りは明後日なのだ。うーむ……。
 6時すぎ、外出。新宿二丁目へ。今夜は尾辻かな子事務所が開く、「ボランティアの声を聞く会」があるのだ。尾辻事務所のビル前でパフスペースの沢部ひとみさん、イトー・ターリさんと落ち合って、3人で会場であるゲイバー「メゾフォルテ」へ。今回も盛況で、30人近くの人間が集まった。内容についてはあえて伏せるが、尾辻さん側が出した今後のプラン、果たしてボランティアたちにそれを支えていけるだけの余力があるものか……。
 会は9時半すぎまで。そのあと、某件について詰めるために事務所へ向かう尾辻さんと沢部さん、ターリさんにくっついて移動。話自体は20分ほどで終わり、外に出る。
 事務所前で沢部さんたちと立ち話していたら、ゲイショップ「ルミエール」前の路上で、2人組のゲイ(?)がやはり2人組の警官に職務質問されているのが見えた(最近この界隈で、ホントに警官の姿をよく見るのだ)。かなり厳しげな様子だったから、なにかマズイものでも持っていたのかも。その様子を眺めながら、二丁目も、いつまでも安泰なLGBTパラダイスなどでは決してないな、と改めて実感す。権力者が「あそこをつぶせ」と本気になって命ずれば、壊滅状態においやることだって容易にできる、ということを肝に銘じておかなければならないだろう。あるいはわざわざ権力者が手を下さずとも、街自体の寿命&商業原理という側面から消えはじめるということだってありうるのだ。もう二丁目ではかなりの建物が老朽化しているが、それを建て替えるとき、果たしてオーナーは再びゲイバー用物件を建てようなどと思うだろうか。シネコンの登場や明治通りを走る地下鉄新線開通などの再開発によって二丁目もかつてのような「日陰の街」でなくなりつつある。おなじ建てるならもっと収益性の高い、オフィスビルとかにしようと考えるのが人情というものではないか? プレゼン能力のあるLGBT側の誰かが明確かつ光明のみえるビジョンを伴ったかたちでの「ネオ・ゲイタウン構想」でも提示できないかぎり(それでオーナーを説得できないかぎり)、「ゲイタウンとしての新宿二丁目」もまた、時代の徒花のひとつとして遠からず消えゆく運命なのかもしれない。残したいと思うのなら、残すための行動を起こさなくてはいけないのだ。いつまでもあると思うな、親と二丁目。
 まだちょっと時間があるので、9月1日のパフナイトのスタッフでもあるKさんも交えて、近くのベローチェでお茶会。今日の会についてあれこれ感想を述べながら、次回パフナイトの担わなければならない役割ついて、改めて思った。
 ということで、ここで、出来上がったばかりのパフナイト(http://www.pafnight.com/index.html)の告知を。

「選挙をふりかえる」?レインボーは蜃気楼だった?!?

07年・夏の参議院選挙は、同性愛者であることをカミングアウトした候補者を、国政々党が史上初めて“公認”した選挙でした。
しかし、「全国には200万の同性愛者がいる」というマスコミ報道、「コミュニティが力を結集すれば上位当選だって夢じゃない!」というスタッフやボランティアの期待をよそに、獲得票数は38.933票と、当選ラインには達しませんでした。

尾辻かな子さんは、どうして選挙に勝てなかったのでしょうか?
この素朴な疑問を“LGBTI全体の問題”として考えていこうと、パフナイトは尾辻かな子事務所のボランティアメンバー有志を中心とした、シンポジウムを開催します。

まだ敗戦の痛手も癒えない時期に辛口すぎる、という意見もあるかも知れません。
でも、この苦い経験を今後の糧として活かすため、そして再チャレンジを明言した尾辻さん、また彼女に続く人々が同じ轍を踏まないためにも、今 この時期に、情に流されないシビ アな視点で選挙戦をふりかえり、検証していく必要があるのです。

メインパネラーという形でのゲストはおきますが、このシンポジウムは、参加者の皆さん全員がパネラーです。
「どうして勝てなかったのか?」
テーマをこの一点に絞り、皆さん一人ひとりの意見をうかがっていきます。

ボランティア協力をされた方も、そうでない方も、率直な意見を述べてください。本音を聞かせてください。
LGBTIにとって歴史的だった、あの選挙の意味を、ともに見つめ直しましょう!

【ゲストパネラー】
・遠藤まめたさん(学生/尾辻事務所ボランティア)
・影坂狩人さん(著述業)
・葛西大樹さん(フリーター)
・平松なつさん(臨床心理士)
・micさん(会社員/mixi「おっつん(尾辻かな子さん)との絆」コミュ管理人)
・わこさん(会社員)
【進行】
・つな(パフナイトスタッフ)

会費 1200円(w/1d)
日時 2007年9月1日(土)
   19:00スタート 21:30終了予定
会場 PA/F SPACE(パフスペース)
   新宿区馬場下町18 フェニックスビル3F 
TEL:03-3207-0856
交通 東西線早稲田駅出口2または3bより徒歩2分
☆二次会あります。
軽食付きの二次会があります。是非交流してください。有料です。

 老若男女、セクシャリティの別を問わず大歓迎ですので、興味のある方は是非! アンチ派も歓迎よん。ゴチャゴチャとコメントを書き込んでばかりいるのでは健康によくない! ぜひ公の場において、肉声で、毒を吐いてみようではないか!(笑)
 11時のカンバンまでねばって辞去。新宿駅でKさん、沢部さん、ターリさんと別れて徒歩にて帰途。半ごろに帰宅し、「カルトさん」もそのまま終了。
スポンサーサイト
  1. 2007/08/28(火) 09:42:46|
  2. 日記|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
<<カリキュラム完成とまた来よう | ホーム | 原宿駅前と善き一日>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://karuto.blog8.fc2.com/tb.php/879-99b19252
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。