本日の○○(仮)

いろんなモノを書いたり『薔薇族』作ったり、幅だけはやたら広くやってるおっさんの身辺雑記です。オレに関心ない方にはあまりお勧めできないかもね(笑)。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

12月8日(土) いよいよDTP

【本日の一記】
 昼食後、家人を某所へのお茶会その他に送り出したあと、「サテ、ト……」と深呼吸して、いよいよ『薔薇族』08年冬号のDTP(パソコン上でのデザイン&入稿データ作り)作業に着手する。まだすべての原稿が揃ったわけではないのだが、とりあえず自分の担当パートの主だったところは書き上がったので。
 というか、いったんページを組んでみないと、特集部分が果たして何ページになるのかわからないんである。フツーの雑誌の場合はまず「台割」という設計図みたいなのを作り、それで割り振られたページ内におさまる文字数で原稿を書いていくのだが、当誌の場合は逆で、まずなんにも考えずに書きたいだけ書き、そこからページ数を算出し、それを見ながら台割を組んでいくのだ。料理の場合ならば必ずしも「献立を決めてから材料を買う」とは限らず、「目についた食材をとりあえず買い集め、そのあとで何を作るか決める」ような人もけっこういたりするが、雑誌の場合は珍しいよな。ある種の前衛アートのような斬新さ……と云うのは自己弁護以外の何ものでもないか(笑)。
 マア普段、限られた文字数に合わせるべくせっかく書いたものを削りに削ることばかりしているものだから、たまにはこういう制限・制約ナシの仕事もしないとストレスがたまるんである。大長編の書き下ろしのような「書いても書いてもまだ終わらない」というような仕事も、ぜひやってみたいなぁと思う。実際にやってみたらウンザリするかもしれないが(笑)。
 芝居の世界で云うなら、原稿の書きため作業が「日ごろの地道な稽古」だとしたら、レイアウト作成はさしずめ「公演」のようなもの。これをするためにコツコツやってきていたのだ! ……というわけで熱が入り、夕飯もとらず、家人が戻るまで9時間以上もぶっつづけでやってしまった。おかげさんで眼精疲労がすごいっス。ひい。

【本日の告知】
◎「パフスペースの進退について」説明会を開催。12月18日(火)19時?21時(予定)パフスペースにて。「スペースについての説明、今の運営状況などの報告させていただく会を開きます。お申し込みはpafspace@pafspace.comまでお願いします」とのこと。
◎『薔薇族』07年春号、いよいよマジで残部僅少に。未入手の諸君はアセれ! いつまでもあると思うな親と『薔薇族』。
◎自力復刊『薔薇族』07年秋号、発売中! 直販店経由、もしくはオレからの手売りでもいいんだけれど、文学氏から買ってあげていただくと氏も喜ぶので、いちばん嬉しいです。

【本日の仕事】
◎『薔薇族』08年冬号DTP。
スポンサーサイト
  1. 2007/12/13(木) 10:35:11|
  2. 日記|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
<<12月9日(日) またまたDTP | ホーム | 12月7日(金) 理解不能な欲求>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://karuto.blog8.fc2.com/tb.php/935-a896da40
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。