本日の○○(仮)

いろんなモノを書いたり『薔薇族』作ったり、幅だけはやたら広くやってるおっさんの身辺雑記です。オレに関心ない方にはあまりお勧めできないかもね(笑)。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

毛羽毛現と日記マニア

7月19日(火)

 定刻起床。ワイドショーでは、敏腕ドラマディレクター吉田秋生(奇しくも不朽の名作『カリフォルニア物語』の漫画家と同姓同名。よくあちらと混同されるそうである。「漫画を描きながらドラマも撮れるなんてスゴイですねぇ!」とか)と電撃結婚した女優・小川範子がにこやかにインタビューに応えていた。詳細は次の通り。
【夫は妖怪?小川範子が結婚会見…………今月1日にTBS社員・吉田秋生さん(53)と結婚した女優・小川範子(31)が18日、都内で会見を開き、喜びを語った。吉田さんについて「ずっとすてきな人だなと思っていた。最初は怖かったけど、優しくて、私の活動を理解して応援してくれるところにひかれた」とおのろけを連発した。「年齢のギャップを感じたことはありません。お父さんみたいな人が理想だったので」と、22歳の年の差は全く気にしていない様子。「ゲゲゲの鬼太郎の毛羽毛現(けうけげん)という妖怪に似ている」と似顔絵も披露。結婚を決めたのは今春で、「結婚していただけますか」とプロポーズされ「はい」と即答したという。】
 こなき爺とかぬりかべとかならともかく、毛羽毛現とは……。小川範子、意外と妖怪マニアなのかもしれん。それもけっこう“シブい”マニアな。
 一部には“売れない物書きの悪あがき的宣伝活動”とか書かれているこの日記であるが(オレもようやっと2チャンで陰口叩かれるほど出世したか、とニヤニヤ。とはいえ諸先輩方のそれと比べればまだまだショボいんであるが)、残念ながらそこまで深いことは考えておらんのよ。ゴメンね、がっかりさせて。オレは単なる“日記マニア”なんである。毎日いろんな人の日記で楽しませていただいてるうちに、自分でも書きたくなってたまらなくなり、発作的にはじめただけのことなんよ。「発作的に」はじめたものだから、発作がおさまれば突然前ぶれもなくやめるかもしれん。そんときはゴメンナハイネ。ちなみにオレが日課的にチェックしているネット日記は、だいたい以下の通り。
唐沢俊一氏の「裏モノ日記」(http://www.tobunken.com/diary/diary.html)
中野貴男氏の「たかおのにっき」(http://shinjuku.cool.ne.jp/n_tko/diary.html)
下関マグロ氏の「マグロの本家」(http://blog.livedoor.jp/amds_nkm/)
安田理央氏の「恥ずかしいblog」(http://d.hatena.ne.jp/rioysd/)
南陀楼綾繁氏の「ナンダロウアヤシゲな日々」(http://d.hatena.ne.jp/kawasusu/)
竹熊健太郎氏の「たけくまメモ」(http://takekuma.cocolog-nifty.com/blog/)
東良美季氏の「毎日jogjob日誌 」(http://jogjob.exblog.jp/)
末井昭氏の「絶対毎日スエイ日記」(http://www.sundial.co.jp/cgi-bin/byakuya/suei/read.cgi)
奈良崎コロスケ氏の「ドキュメント毎日くん」(http://www.asahi-net.or.jp/~hd9k-ikm/)
 なに? 多すぎる? しょうがないじゃん、マニアなんだから。って、こんなこと言うから「キモい」とか書かれるんだろうな、ニヤニヤ。それにしてもゲイ関連のものが一本もねぇんでやんの。それもそのはず、ゲイは毎日せっせと読みごたえのある日記を書くようなことはしないのである。アクティビストとかいう方々の多くは一度はチャレンジするのだが、たいてい途中で頓挫してしまう。「ゲイ」と「根気」「地道」というのは、やっぱり水と油なのか?
 それはそれとして、今日、愛読日記のラインナップの中へまた新たにひとつ加わった。ファンであるギャグ漫画家、おおひなたごう氏の「SILVERY NOTE」(http://blog.goo.ne.jp/rock-a-billy/)である。作風と同様、ひょうひょうとした独自な世界が展開されており、“現実世界のムーミン谷”といった風情。おおひなたファンならずともぜひ一度、ご覧あれ。
 夕方まで出仕事。五時半、上野・メディアソフト『薔薇族』編集部。本日は九月号の編集部搬入日であり、今月からは時間のとれる寄稿者たちは可能なかぎり集合し、顔合わせをしていこう、ということにしているのだ。いまは便利になってメールと郵送だけで事足りるのだけれど、雑誌ってそういうものではなかろう。雑多な連中がツラを突き合わせて雑多な内容を詰め込んでいく……アナログでアナクロかもしれないが、そういう人間の体温が感じられるようでなければ、雑誌作りなんてつまらない気がするのだ。だから、越権行為かもしれないが、(編集部へのご迷惑は百も承知で)あえて試みさせていただいたんである。
 七時くらいまでの間に、祐人、かじよしみ、野々宮あけび、立木育雄、新井敏之の各氏が集合してくださり、刷り上がったばかり(ではねぇけど)の号を手にしていた。パレードの相談なども交えて、しばしミーティング。途中からS-1氏も加わった。その後はS-2氏も交えて近くの中華料理店で会食(翌日、大学の試験のある祐人は帰宅)。ゆっくり話をするのは初めてなので、かなり盛り上がる。新井氏からはなんとも興味深い、数年前に勃発した“オカマ論争”の世間には知られていない部分について聞いたり。いやぁ、楽しいねぇ。楽しすぎて、あっという間に十一時過ぎ。勘定は編集部もちとなってしまて恐縮しきり。受け取っていただけなかったこちら側の寸志はとりあえずオレが預かり、来月に持ち越すことに。「思いがけないお小遣いをどうもありがとう」と言うと非難集中(当たり前だ)。
 野々宮、立木、新井のお三方とともに山手線で帰途につく。零時半近くに帰宅。入浴、歯磨き後、届いていた『バディ』の掲載誌と『薔薇族』を読んだり、メールを打ったりしていたら、あっという間に二時近く。明日も早朝に起きねばならんので就寝。久々に充実した一日を過ごせたなぁオレ。
スポンサーサイト
  1. 2005/07/20(水) 22:31:08|
  2. 日記|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
<<ダビングと鬱な夏 | ホーム | ていたらくと深夜帯>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://karuto.blog8.fc2.com/tb.php/98-b981074b
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。